コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2016 11 27 ふえた
d0104210_22222510.jpg
Sigma SD-15 70mmF2.8Macro
昨日から、家族が増えた。












-

[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-28 22:24 | Trackback | Comments(2)
2016 11 26 サンタアボンディオ教会堂
d0104210_16440636.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4





















-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-27 16:45 | Trackback | Comments(0)
2016 11 26 最近宿泊もできるようになった喫茶伊太利亜
d0104210_16330818.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
























-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-27 16:34 | Trackback | Comments(0)
2016 11 26 ひどく手ぶれしてしまったトルノ村の船着き場にあるサンタテクラ教会の夕暮れ
d0104210_16235272.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4






















-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-27 16:26 | Trackback | Comments(0)
2016 11 25 盛期ロマネスク教会,サンタボンディオの壁面
d0104210_13102086.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4

























-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-25 13:11 | Trackback | Comments(0)
2016 11 22 村の夕刻
d0104210_15012852.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4












-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-22 15:03 | Trackback | Comments(0)
2016 11 21 秋、公園
d0104210_22465109.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4











-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-21 22:48 | Trackback | Comments(0)
2016 11 20 トルノ村、夕暮れの船着き場
d0104210_13400298.jpg
EPSON R-D1x COLORSKOPER35mmF2.5
















-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-21 13:41 | Trackback | Comments(0)
2016 11 20 コモ守護聖人サンタアッボンディオ教会の内陣
d0104210_01321620.jpg
EPSON R-D1x COLORSKOPAR35mmF2.5


















-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-21 01:33 | Trackback | Comments(0)
2016 11 18 なぜ
1102号室だったと思う。数年前,東京の定宿としていたホテル11階の道路側に面した部屋に入った。イタリアから日本までは12時間程のフライトと8時間の時差があるので、着いた当日はかなり頭が膨張している。飛行機の中で,あまり眠れなかったのでホテルに辿りつくと灯りをつけたまま寝入ってしまった。気が付くとベットの横に誰か,何かが立っている。頭の右側,ベット際にわけのわからない白い塊のような「生き物」がジッとしている。ふと、眠って夢を見ているのかという思いが頭をよぎる。起きて確かめようとするけれども、体が動かない。金縛りの状態だ。それでも眼球だけは動かすことができるから、部屋を見回せば,まぎれもなく、つい先ほどチェックインして入ったホテルの部屋に違いない。これはまずい。何とか金縛りを解かなければ,このままでは危ないと思う。そこで思い切って,体の中にエネルギーを蓄えて勢いをつけて、力を振り絞って金縛りから脱出した。体が動くようになると、右脇に立っていた白い塊の、何ともつかみ所のない「生き物」は姿を消していた。30分ほど、一体あれは何者だったのだろうかと考えていたけれども、まさか幽霊がでたので部屋を変えてくれというのもカッコ悪いので,まあいいか,寝よう、やっぱりちょっと気持ちが悪いと電気をつけたまま寝ることにした。
なぜかわからないけど、今では、当時まだ新しかったこのホテルは取り壊されてしまい、そこには新築のマンションが建っている。
d0104210_22292354.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4




























-








[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-19 06:27 | Trackback | Comments(0)
2016 11 18 専用

d0104210_21545193.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
初めて日本に来たロベルトと地下鉄に乗ろうとホームに立っていると、ピンクで「女性専用車」と書かれた電車が入ってきた。

夕方で誰でも乗れる時間だったからその車両に乗り、ロべルトに「この車両は、朝は女性専用車になるんだ」と説明した。ロベルトは「どうして」と聞き返してきた。「朝は、通勤客で超満員になることはテレビで見たことがあるだろう。ネクタイをしてグレーのスーツを着た日本のサラリーマンは、ストレス発散のためか女性に触るんだ。イタリアなら、そんなことをすれば、触られた女は「何してやがるんだ、このクソ野郎!」と叫ぶだろうけど、日本の女は、声を上げたりしないし、抵抗できないんだ。」と教えてあげた。「イタリアの女なら、声を上げるくらいで、済んだりしない。ほうにピンタを張る。」とロベルトはいう。

よく考えてみれば、女性専用車を作ったからと言って痴漢がいなくなるわけじゃあない。10両の列車なら9両は普通の車両で、そこには痴漢がうようよしている訳だから、そしてそこにも女性は乗るのだから、痴漢は減るわけではない。

だから女性専用車を作るよりも、痴漢専用車を作って、そこに痴漢を集めた方が効率がよいことになる。もちろんそこには女性は誰も乗らなくなってしまうから、かなり不謹慎でも鉄道会社は、職業としてその車両にのる女性を雇うしかない。問題は、その人件費を誰が負担するかということだ。特急列車の特急券のように別途料金を上乗せする手もあるけれども、それじゃあ痴漢はなかなかこの車両には乗らずに、普通の車両にのって、そこで「ただ」で痴漢をすることになってしまい元の木阿弥だ。だからこの痴漢車両も普通車と同じ料金に設定するしかない。当然普通車の値段を、少し上乗せして、電車を利用する人がみんなで、この職業婦人の経費を負担することになる。というわけで、経費ゼロの女性専用車は、結局効果は全くないのであって、やはりお金をかけて事に当たらねば問題は解決しない。

 *念のため まさか本気でこんな風に思っている訳ではありません。こんな馬鹿なハナシになってしまう痴漢などという馬鹿なことはいい加減に止めろ,恥をしれと言うことです。














[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-16 12:27 | Trackback | Comments(0)
2016 11 14 出稼ぎ
湖畔で、ぼけっと毎日暮らしているけれども、たまに食料を確保するために、東京にでてきて、ホテルの28階に泊まったりする。
巨大なガラス窓から下界をのぞけば、ジオラマみたいに道路やらビルやら家がびっしりと建ち込めていて、人やら自動車がうごめいて、電車なんかが高架の上を走っている。まあよくこれだけつくったものだと感心してしまう。それにしても、これだけつくるのはかなり面倒で手間がかかるはずだ。セメントの量だって生半可じゃないし、鉄やアルミなんかもところかまわずドカッと使っていて、山を削って石灰をやいてセメントを作って、それを砂と混ぜて、型枠にいれて、、、なんて原材料から下界に見えるビルの形にするまでの、とてつもない手間を考えると、人というのは、すごい、を通り越してなんでこんな事をするの、という疑問が沸いてきてしまう。
動物の作る巣はどんなに手が込んでいてもたかが知れているし、まったく手をかけずに自然の中の居心地がいいところを探してそこに暮らしている動物がほとんどという事を思えば、人というのはちょっと頭がおかしい、狂っているんじゃないかという気がしてくる。一生かけて、会社の中でかなり嫌な思いなんかもしばしばして、こんなもんを作り出すのが人の営みってやつなんだと、納得はしないけれども、あきらめてしまう。まるで神様が下界のこざかしい営みを俯瞰するみたいで、たまには高層ビルの28階に泊まってみるのも悪くはない。もっともいつ来るかもしれない巨大な地震にハラハラし続けるのだけれども。
d0104210_07375529.jpg











-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-14 02:35 | Trackback | Comments(0)
2016 11 08 雨の日曜日2 胡桃
d0104210_06102583.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4

















-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-09 06:12 | Trackback | Comments(0)
2016 11 05 06 雨の日曜日
d0104210_06202096.jpg
d0104210_06204440.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4























-























[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-07 06:23 | Trackback | Comments(0)
2016 11 05 金魚
d0104210_15364081.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4 VIGOLENOの噴水にて















.


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-05 15:40 | Trackback | Comments(0)
2016 11 05 青りんご
d0104210_15361541.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
















-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-05 15:37 | Trackback | Comments(0)
2016 11 04 LEMNA村
d0104210_02193815.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4















-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-11-04 02:20 | Trackback | Comments(0)
2016 10 30 秋山
d0104210_03103932.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4



















-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-10-31 03:11 | Trackback | Comments(0)
2016 10 30 秋庭
d0104210_03082730.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mm F1.4


















-


[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-10-31 03:09 | Trackback | Comments(0)
2016 10 27 けさ
d0104210_20400265.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4











[PR]
# by kimiyasu-k | 2016-10-27 20:40 | Trackback | Comments(0)