コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2009 08 02
コモ湖は急峻な山に囲まれているが、そこに張り付くように村が発達した。そんな山腹の村のひとつ、レムナを散歩していると綺麗な壁に出会った。古くなりペンキが雨に洗い流された赤い壁、鎧戸、鉄柵。この村も過疎化が進んでいるのだろう。もう何年も誰も住んでいないようだ。蔦が窓を覆っている。
d0104210_18342952.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-03 18:38 | 建築・architettura | Comments(0)