コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2010 06 06
カーリオ村をぶらついていると、vendità di frutta e verduta 「 果物と野菜売り」と書いてある。きっともう百年以上たった看板だ。セガンティーニもここに果物と野菜を買いにきたのだろうか。「今日は結構仕事が進んだ。この色がなかなか見付からなかったんだ。これで今週中には何とかこの絵も仕上がるかもしれない。この絵ならあのリカルドの絵にも勝てるだろう。ああ、そろそろ苺の季節だ。野菜屋のフランチェスカ、まだ店しめてないかな。急いで苺を買いに行こう。それにしても、フランチャスカは綺麗だよな。どうしてあんな綺麗なフランチャスカが、あんなぶ男のマルコのところに嫁に来たんだろう。今日はひとつからかってやろう。」などと考えながら、セガンティーニは石畳の道を小走りに、この野菜屋さんに、苺を買いに行ったのかも知れない。
d0104210_23582281.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-06-06 23:59 | Comments(0)