コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2010 06 26
d0104210_19524027.jpg

ちょっと前までは、机の引き出しの奥から、失くしてしまったと思っていた懐かしいものがある日何かのきっかけで見つかったりした。今は、ハードディスクのどこかにまぎれていた懐かしいファイルが見つかったりする。3年ほど前に計画したある古いビルのエントランス改修工事の模型写真が、使っていなかったコンピューターのディスクD、ドキュメント、イメージのフォルダーから出てきた。一緒に、フランスに行ったときに撮った写真もあった。イタリア語でチェルビーノ、マッターホーンに行った時の写真もある。標高3000mの山小屋で、美味しい野菜スープを食べようと乗ったロープウェイで、ガックという大揺れが2度して、ロープが外れ、標高2200m、地面から50mで4時間ほど宙吊りになり、救難用キャビンで救われたときの写真も。同行者がおしっこが我慢できなくて、地上50mのロープウェイのキャビンの扉を10cmほど開けてそこからオシッコをした、それを後ろからこっそり撮った写真も出てきた。いったい世界中の忘れ去られてしまったコンピューターのディスクの中には、どれほどの思い出が詰まっているのだろう。
d0104210_1716167.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-06-27 19:55 | 建築・architettura | Comments(0)