コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2010 07 27
ただいま帰国中。シベリア上空、10000M、飛行機の翼を前景に撮った宇宙の無限と渋谷のホテル9階の窓から撮った何とも無味乾燥の東京の夜景。一見何の関係もないこの二枚の写真は、旅の断片であるだけでなく共通点があることにふと気がついた。
d0104210_193755.jpg
d0104210_194999.jpg

それは、どちらも、窓ガラスにカメラのレンズを当てて撮影した写真ということだ。全く無関係の二つの景色は、ガラスを通した窓の向こう側。ある閉ざされた空間の内部から開かれた外部を見た景色だ。一度、飛行機に乗った者なら、無限の宇宙の写真からジェットエンジンの音に満たされたあの飛行機内部の独特の空気を感じる。この何ともアノニマスな東京の景色からは、あの何とも味気ないホテルの一室が浮かんでくる。「あちら側」を写した写真はこうして見えない「こちら側」を見る。そもそも、写真の魅力はこちら側を見ることなのかも知れない。
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-07-28 01:09 | Comments(0)