コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2011 02 23 COMO
右に行くと隣は、歴史的な建築家ジュゼッペテラーニ財団がある。もともと彼のスタジオだったものが今ではテラーニに関する資料などを管理している。左に行くとアダムデルペーロの屋敷、中世コモの街の有力貴族の家系で白とグレーの石が横縞模様に貼られていて綺麗だ。入り口の6っ個の洋ナシ(ペーロ)をモチーフにした紋章が印象的だ。左の建物の一階には、靴の修理屋さんが入っている。修理するほどの良い靴を持ち合わせていないので入ったことも無いが。後ろには、コモで一番コーヒーの美味しいマヤカフェがある。ここにはいつもコーヒーを買いに行く。街中の路の交差する建物、その丸くなった建物の角の上の階に住んで右から来る人と左のから来る人が行きかう姿を上から眺めてみたい。
d0104210_56447.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-02-24 05:06 | Comments(0)