コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2011 06 02 NESSO
今日は、イタリアの共和国記念日。いよいよコモ湖も本格的な観光シーズンがはじまり、大きな観光船が村の船着場に、取り舵一杯で入ってきた。近所に家をもつピザピアはミラノに暮らしていて一年くらい前から定年退職して、土日はほとんどこのネッソ村のセカンドハウスに来て過ごしている。働いていたときは運送会社につとめ、日本のお客さんとも随分仕事をしたようで、イタリア人からみたら不可解な日本人の働き方を面白おかしく語っていた。骨董屋で買った日本の置物を大事にしていてメールで写真を見たりした。家に招待したときには、お手製さば寿司を旨いと言って食べていた。もっとも、食に関しては徹底的に保守的なイタリア人、本当は無理して食べていたのかもしれないが。で、そんなことは本当はどうでもいいことで、ようやく、ようやく、ミラノの市長選、右のモラッティ(=ベルルスコーニ)が彼の親類というピザピアに打ち負かされた。裁判官買収から少女売春まで、これだけ、負の話題で世界中を騒がしたイタリア首相、ベルルスコーニ。6月には、原発再開、水道水の私有化の国民投票も行われる。ミラノ教会の石膏像を頭にぶつけられてから一年以上たったろうか。イタリアも「取り舵いっぱい」。
d0104210_263258.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-06-04 02:07 | Comments(0)