コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2011 06 27 NESSO 風鈴
暑い暑い一日だった。夕方といってももう夜9時半。バルコニーで気持ちの良い風にあたりながら食事を済ますと、先日、日本で金魚の絵のついたガラスの風鈴を買ってきたのを思い出し吊るしてみた。が、どうもイタリアの風では風鈴は上手く鳴らない。
d0104210_12221587.jpg
夏、コモ湖のこの辺りでは、午前中は北からの風「ティバーノ」が、午後は南からの風「ブレーバ」が規則正しく吹く。コモ湖はローマ時代から船による大事な交通路だった。大きな帆を張った船が朝は北から、午後には南から行きかったのだろう。わざわざ風に名前をつけるほどに、風が生活に密着したものだったに違いない。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-06-28 12:24 | Comments(0)