コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2012 08 11 夏
d0104210_19512514.jpg
EPSON R-D1 CANON SERENAR 50mm f1.8
[PR]
by kimiyasu-k | 2012-08-13 19:51 | Comments(2)
Commented by いい at 2012-08-14 18:07 x
いつもの石橋でしょうか…勝手知ったる他人の場所。
毎日救いのないクーラー無しの暑さ。で、と言うか、だからと言うか、
体調極上。

パソコンの不具合を乗り越えたついでに壁紙を永年のチェルトーサからこないだのサン・カルロに変えてみた。
デジカメ24㎜で横構えで撮れたからそれはそれは凄い。
サン・ティーヴォとは対極の位相で不動の実体を運動させようとした奇想の異常。
エンタブラチャまでの外部のそれに応答した水平方向の運動性と(アプス間の小さなストレート壁がミソだ)、
第二層のストレッチされて楕円に変形したアーチに潜むコンプレッションとテンション、それに反発力が均衡した狂おしいダイナミズム。
その力動のうえに定位するトラック型平面のドームに温和な静謐として表現された天上。

こいつ、凄いわ。
フレッチャーがゴシックの章冒頭で指摘していた古典主義の果てにゴシックの垂直上昇性と統合しようとしたこといい。
サン・ティーヴォのじっさい立眩みしたあの上昇、頂部丸開口へのサクションは、石工修行を始めたミラノに因っていたなんて。

高橋洋一郎
Commented by kimiyasu-k at 2012-08-15 03:14
500年前、ボロミーニがメルトアップしたのに、日本は2011年にメルトダウン。地に落ちた。