コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

5
尖閣「東京都購入で落とすべき」 橋下市長、政権批判
 新党「日本維新の会」代表に就く橋下徹大阪市長は21日、尖閣諸島国有化をめぐる日中関係に関連してツイッターで「ここは、石原(慎太郎)東京都知事にご登場を願って、東京都の尖閣購入でいったん落とすべきだ」とつぶやき、野田政権を「何の戦略・戦術も感じない」と批判した。 橋下氏は、尖閣諸島を都所有にすれば、日本にとっては民間所有から一歩進み、中国にとっても国所有から一段下げさせた形になる、と落としどころになると主張。「日本政府の対応は出たとこ勝負の感がする。自民党も自民党。国有化が必要ならもっと前にやっておけばいいじゃないか。それができなかった」と批判した。 そのうえで橋下氏は日中双方の国民の命を救う「人命救助の観点」から尖閣に「しかるべき要員」を配置することを中国にも認めてもらうべきだとの考えを示した。中国に対し「世界で責任ある大国になったのだから、しっかりしてもらわないと。デモは良いけど、暴力は押さえてくれ。国際社会は、皆腹の中で馬鹿にしている。(中国は)世界の中での重要な大国。大国らしく堂々と振る舞うべきだ」とも指摘した。朝日新聞
------------------------------------------------------------------------------
あきれる橋下発言。維新などと看板掲げても結局は、「まあまあ」、「中庸」しか頭の中は働かない。これでは精々、大阪市長どまりで、国政にも、ましては国際政治に出る事ができる器じゃない。
日本では通じる、その場しのぎの風見鶏政治(半日デモの大きさに驚き、こんな発言をする橋下自身が何よりもその場しのぎ)も世界の中では通じない。国はある「理念」を中心に組み立てられていなければ他国には通じない。だから、尖閣の国有化も、それなりの理念があってしたことと国際社会は受け止める。今更、都購入にすれば、などという、つまり日本もそれなりに中国国民の怒りを受け止め対応しましたのでこの程度で如何でしょうか、などという議論が通用するわけはない。
どんなに日本に不利益になろうと、このまま国有化を押し通すか(とは言え武力衝突も辞さないという構えが必要だけれども)、国有化を辞める事により、中国人に日本にとっては中国がどれだけ重要な国であるかを示す(とは言え、それは圧倒的な中国の優位という事を認め日本が常に弱い立場に立たされるというプラットフォームに乗る事になるが)、そのどちらかの選択しかない。
ましては人命救助の観点からしかるべき要員配置、などという嘘をついた子供の言い訳みたいなことが世界に通用するわけがない。
そして恥ずかしくなるのは、「国際社会は中国を腹で馬鹿にしている」という発言だ。国際社会は中国でなく、日本を腹で馬鹿にしているのが見えないのか。シェパードに向かってキャンキャン吠えるチワワが、国際社会からみた日本の姿だ。
国歌斉唱、入れ墨禁止、のネオナショナリストと思っていたけど、結局、これもその場かぎりの風見鶏政治でしかなかったことを示すこの発言は、国政レベルでの政治家としての資質が橋本には全く備わっていないことをよく示している。大飯原発の再稼働をめぐる対応も確かに風見鶏。
ともかく忘れてはいけないのは、日本は天皇を長とする「議会制君主国家」であると言う事だ。
[PR]
by kimiyasu-k | 2012-09-21 13:22 | Comments(0)