コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

20130419 春の嵐 Tempesta di Primavera
雹が猛烈な音をたてて瓦屋根を叩きつけるこの季節、恒例の春の嵐。1、2時間で過ぎ去っていくイタリアの激しい雨はどこか日本の豪雨とは違い、「嵐」という言葉が相応しい。
d0104210_1491059.jpg

d0104210_1292469.jpg
NIKON D3000 55mm F1.2
d0104210_129733.jpg
SIGMA DP-1
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-04-20 01:32 | Comments(2)
Commented by 高橋洋一郎 at 2013-04-20 12:40 x
こちらでも…先日の春の嵐は凄かった。「百年に一度」の大雨+強風がけっこう頻繁にある。四年ほど前からかな。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ijq8FXDHQEg#!
昔々、例のピアニストに頼まれてミラノ在住の版画家夫婦を案内した。
早朝からの築地市場はそうは見えなかったのだけどじつはいたく気にいったらしく、翌日ふたたび彼らだけで訪れたのだそうだ。お土産は場外市場で和包丁とのこと。
市場はぼくの通った中学校の学区域だったのだ。歩くのにちょっとコツが要る。
成城の焼肉屋で彼らが夢中になったのはレバー。たしかにあの店のそれは美味いんだけど…まさにそればっかりでちょっと驚いた。むこうの赤身の「出汁味」はとびっきり美味いものねえ…。
Commented by kimiyasu-k at 2013-04-21 05:51
確かに地球が狂っちゃったのか、これが当たり前なのか。世界中で変な天気がしばしば起きますね。
築地市場で?そんな良いところで中学生したんですか。羨ましい。一度行ってみたいと思いながらなかなか実現しない。今度帰国したら行ってみようか。