コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2014 01 24 ノボコムム
d0104210_29150.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-25 02:12 | Comments(2)
Commented by 高橋洋一郎 at 2014-01-25 15:31 x
チェザーレ・カッタネオを例として採りあげて、テラーニの世評に背を向けていたよね?
先だってバルコニーを採りあげていらっしゃったカサ・ペドゥラージョ辺りからのテラーニの理知の「秘術」
(矛盾的に言ってみた)(「構成」って神智学だよね)(プラトン的イデア論的)に心酔するから、
ま、ひとそれぞれだよ…と思っていたのだけれど。
変節?
Commented by kimiyasu-k at 2014-01-25 21:43
高橋さん、難しすぎ、言葉が。さっぱり分からない。日も落ち、寒風吹くコモの街に、エプソンを首からぶら下げて、ロッドブレーキのついた黒い自転車で、無性に撮りたくなったノボコヌムまで、迫り来る闇と競争して、写真をとりに行った訳です。で、もう手持ちで取れる限界で、開放f1.4なら30分の一、ひとつ絞り込むと15分の一になってしまって、仕方が無いのでISOを400に上げて、バチバチ30枚くらい写真とって来たんです。でも、ほとんどブレ、ピンぼけ、ダメ構図の写真ばかりで、わずか2、3枚。で、じっくり見直して、また再度挑戦しようと、意を固めたわけです。そういうのって、建築で、テラーニがノボコムムを計画したときの心を、辿ってみたいわけです。そういうのが建築だな。