コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2014 03 11 まじめ
庭のクロッカス
d0104210_6572937.jpg

EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
やっぱり今日は何か書いておきたい気がする.三年前も庭にはクロッカスが咲いていたように思う.三年前の今日から,数日間はコンピューターに張り付いて,原子炉格納容器の温度と圧力の遷移に青ざめていた.原子炉格納容器は、原子炉圧力容器の外側にある巨大な鉄の入れ物で,事故がなければ放射能漏れを防ぐ為に大気圧よりわずかに低く,温度も当然,大気温だ.それが温度は100度を超え圧力は確か設計圧力の2倍近い8気圧まで上がっていたように思う.それが意味する所はもうどう考えてもメルトダウンだし、何とか喪失していた電源が回復して「冷却」へと向かうか,もしくは冷却されずに溶けた燃料が局部的な再臨界を起こし、その熱が核分裂,核爆発を引き起こすか、というふたつにひとつだったからだ.後者の可能性が非常に低いとは言え,あの段階で誰もそれを100%否定することができない以上,どうして東京はあんなに安穏としているのだろうと,まるで狐につままれているような気がしていた.
三年経った今,様々なアンケート調査では原発はともかく止める方向でという人が過半数をはるかに超えているにも関わらず,言ってみれば民意は原発廃止へと向いているのに,なぜ政府/官僚は再稼働に向けて走り出すことが出来るのか,そんな国家運営の仕組みは一部の権力者が自分の思うままにできるいわゆる「独裁国家」と変わらない.
そして三年経った今日になってもまだ10万人を超える方々が、「難民生活」を余儀なくされていることに、本当に日本は民主主義の先進国なのだろうかと疑問に思う.
もう現実が見えないふりするのを止めて,もう少し真面目にやろうよと言いたくなってしまう.こんな「いい加減」な国イタリアでもいい加減でいいところといい加減じゃあダメなところだけはしっかりしている。
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-11 13:35 | Comments(0)