コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2014 05 08
何とか毎日一枚は写真をアップしようと思っているのだけれども、息の切れてしまうことがある。目をつむってエイやとサーバーから偶然一枚抜き出した写真は、数年前にポルトガルのOlhaoで撮った一枚だった。またあのナミノコ貝を食べに行こうかと思いがよぎる。カメラがどうのこうのと余り御託を並べない良き時代だった。
d0104210_0452053.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2014-05-09 00:52 | Comments(2)
Commented by pipopapo-d at 2014-05-09 12:37
私もパソコン内に保存してあるシグマで撮った写真をときどき振り返りますが、そのときの味とか匂いとかが記憶によみがえります。趣味で撮りたいときに撮ってるだけなので、それなりに撮れれば機材がどうとか、レンズがどうとか、あまり気にしなくても良いのでしょうね。それにしましても、毎日アップロードされておられるのはすごいです。日々の人生の違いでしょうか(笑)
Commented by kimiyasu-k at 2014-05-09 13:27
1990年ころから20年間ほとんど写真を撮らなかったのですが,今思うと残念です.写真は当時の「香り」を蘇らせてくれるので.それにしても、旅行にカメラを携えて行っていたのに,今は,写真撮る為に旅行するようで、本末転倒です.写真を撮らないと旅行をした気がしないのは,どこかオカシイです.