コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2014 10 17 魚の糊
昔々,使うつもりは全くないけれども,形が面白いので古物屋で手に入れた。アイロンが沢山ついているから,きっと洗濯屋さんで使っていたものだと思っていた。ある日,知人の家具職人がこのストーブを見て,これは昔家具工場で使っていたものだと言う。1ミリ程の薄い奇麗な仕上げ材を,「魚の糊」を使って貼付ける時に,このアイロンで糊を暖め溶かして貼っていったという。「魚の糊」というのはゼラチンの事で,今では「ボンド」に取って代わり,こんなアイロンストーブも要らなくなってしまった。
d0104210_5463922.jpg
EPSON R-D1 BIOGON28mm F2.8
それにしてもこのツァイスの28mmはカチッと写る。まだ慣れていないからなのか,好きなのか余り好きじゃないのかさっぱり分からない。
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-10-17 05:46 | Comments(0)