コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2015 03 22 感性
最近,スマホを操作している、見ている人を見ると腹立たしくなってくる。「この馬鹿が」と思う。
でも明らかに可成りの割合の人が、「依存症」になっている。彼ら,彼女らは5分に一度くらいは必ずスマホを見ずには居れない。それはもう「脳」の中に5分に一度くらい、スマホを見ろという信号が自動的に出て来て,まるで自分の意志とは無関係に、無意識に,自動的にスマホの画面に目がいってしまう。こうして人と話しをしている時でも,美味しいものを食べている時でも,どんなに大事な仕事をしているときでも、脳のシナプスに信号が走り,自然と手がそちらに延びてしまい、タッチして画面を見ずにはいられない。そういう奴は,自分の廻りにある他者のいる「現実」から突如,隔離した自分の世界に、まるで麻薬に犯された脳のように、自分だけの世界に飛び込む。
ジョブスさんは人類に革命をもたらした「現代の偉人」として崇め奉られているけれども、何のことはない、大衆を愚人化し、結局のところ営利を目的とする企業に富を集中させる道具を考え出したに過ぎない。
こういうのって、時代に乗れない年寄りの典型的な「感性」だろうな。大体スマホの画面は小さ過ぎて操作しにくいったら無いし,字を書くには時間がかかり過ぎて全く実用的じゃあない。一体いつになったら使っている人の視線を追って指で触らなくても操作ができるように、脳波でも読み込んで字も書いてくれるようにならないのか。もうそんな事は,開発中ですと言われそうだけど。
d0104210_795389.jpg
EPSON R-D1NOKTON40mmf1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-03-23 07:12 | Comments(0)