コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2015 03 29 手洗い
d0104210_1634719.jpg
EPSON R-D1xNOKTON40mmF1.4
食べた後はもちろん出す問題というのも存在する。こういう生きるための基本的な事は,どうも文化の違いが浮き彫りになる。例えば,10人くらいの大人数(10人くらいの大人数で行動するということ自体極めて日本的なのだけれども)で、ある会社を訪問するとする。そこで何がおきるかと言えば,相手の会社に着いた途端に,ある人がトイレに行きたいと言い出す。するとあとは芋蔓式に、私も,私もといって大体8人くらいはトイレに行く事になる。もちろん訪問先の会社側は、10人分のトイレを用意しているわけではないから、ひとりづつ行く事になり、それだけで最低でも15分くらいは掛かってしまう。別にこれはイタリアだけじゃないと思うけれども,見ず知らずのところに訪問した時にまず、「おシッコしたい」てのは感心しない。カッコ悪い。オシッコしたいは生理現象だから仕方がないけれども、ぎりぎりまで我慢していて、着いた途端というのは如何なものかと思う。だから、観光地でなく仕事や好意でどこかを訪れる時は,必ずそこに着く前に,どこにでもあるイタリア式のカフェ,バルに寄って1ユーロのコーヒーでも頼んで用を済ませておけば良い。言葉が不自由なので,どうしてもギリギリまで、行動に移すのがむずかしいけれども、大体イタリア人は言葉が通じない事を日本人程に気にしていないのだから、そんな事は遠慮することは無い。別に日本でも,相手の好意で訪問した際に,いきなり「トイレ貸して」ってのはあまりお行儀が良く無いと思う。何故外国にくると「お行儀」から開放されちゃうのか,良くわからない。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-03-29 16:48 | Comments(0)