コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2015 06 10 アルサゴセプリオの洗礼堂と教会堂
d0104210_1561015.jpg

EPSON R-D1NOKTON40mmF1.4
三人の憲法学者(専門家)がなんと言おうと、素人には素人の理屈があり絶対に筋を曲げない。これは、日本の特技だから、突き進んで行く。あわよくば徴兵制を強いて、イタリアがかつてそうであったように、理念として軍事行為に反対するものは、社会奉仕という代替で埋め合わせをする。そんなシステムにして、日本の場合は、戦争に行きたくないものは、フクシマで働くようにする。何重もの下請けシステムのために安い賃金で放射能を浴びながら働いている人達の代わりに,徴兵制によって集められた国民が全員,軍事かフクシマかを選択して、みんなでリスクや放射能を共有して負担する。憲法改正と言うけど,実際には全くの新憲法にはこう書かれるのだろうか。
[PR]
by kimiyasu-k | 2015-06-11 01:56 | Comments(0)