コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2015 10 25
d0104210_14182867.jpg


たった2日半の初めての日本への旅で,所用を片付けどうにか半日の自由な時間の取れたダリオに、東京の喧噪と鎌倉の古刹のどちらに行きたいかと聞けば,彼は迷う事無く鎌倉に行ってみたいと答えた。結局は自分の知った交通の便の良いところが良いだろうと,北鎌倉の駅からすぐ着く円覚寺に行く事にした。
電車に乗って、どこまで行ってもびっしりと建物の建ち並ぶ景色を眺めては彼はあきれ果てていた。けれども、北鎌倉に来れば突如として、深い緑が線路際まで迫ってくる。
石の階段を少し登り、どちらかと言えば控えめな総門をくぐれば,その先には,階段の向こう側に今度は立派なモニュメンタルな山門が見える。こんなに魅力的なアプローチはなかなかお目にかかれない。期待感に自ずと気持ちは高ぶる。
力強い貫構造の構築性と美しく繊細な曲線を描く山門は,たとえそれが江戸期の再建であっても、木造建築の本質が凝縮されている。時間が経って木目の浮き出た骨太の柱貫の素材感もこの建物の存在感に大きく寄与している。
残念ながらコンクリートで再建された仏殿はあれこれ言うには及ばないが,山のずっと上に位置する黄梅院までの道すがらに配置された様々な建築を巡る自然と織りなす空間体験は,円覚寺独特のものだ。まるで国中が文化遺産のようなイタリア人にも,自信をもって見せることができる。「ここに連れてきてもらって良かった」、とりわけ建築や文化に興味をもっているわけでも無い彼が言ったのは、決してお世辞では無かったと思う。

こんなに素晴らしい建築空間に対する感性を磨き続けたきた日本人の住む現代の家の貧しさといったら、一体何なのだろうか。最先端の技術で紙に木目をプリントした建材や、まるで本物のクロスのようなビニールを壁にはり、石や煉瓦を模したサイディングボードで覆われ、数年で見るに耐えない汚れと化してしまうプロスチックの雨樋を冠して,おそらく下はもう腐りかけているコロニアルを屋根に葺いて,それが今の日本の住宅の「標準」だ。99%以上の新築の住宅は,このような本物に似せたエセもので出来ている。ここに様々な電子化の厚化粧をしたのが「日本の家」だ。用を足そうと思えば,自動的に蓋が開く。施錠はカードで、スマホひとつで空調までしてくれる。まるで自分が子供のころに思い描いた「未来」がそのまま形になっている。でもそれが建築の進化だと思ったら大間違いだ。それは住宅のもつ一側面である道具としての機能の利便性でしかない。
建築の分かる者なら誰でも気付くけれども,戦後の日本が失った「建築」という文化を思うと目眩がしてくる。一体誰に責任があるのか考えてみれば、その専門家である建築家が何らモデルを提示できなかったことや、大企業の独占的な産業構造や、無能な建築行政、暴力的な商業主義,無数に要因が挙げられる。
日本は家を作る社会的なシステムがおかしい。その事に気付いているものはほとんどいないし、その傾向はどんどん加速され目も当てられないような家が作られ続けている。









[PR]
by kimiyasu-k | 2015-10-25 14:19 | Comments(3)
Commented by pipopapo-d at 2015-10-25 14:59
こんにちは。わたしの悩みを言い当てたかのような記事に反応してしまいました。
家を建てるか、中古を買うか、未だに決めきれずに右往左往しています。
建築に詳しくない私ですが、住宅展示場に行っても、ハウスメーカーの工事見学に参加しても、そこに住みたいと思わないのです。最新の設備を備えていても、なぜか居心地が良いとは思わないのです。私はどうすればいいのでしょうか?と相談したいぐらいです。そこで生活を営むとはどういうことかを日々考えています。
Commented by kimiyasu-k at 2015-10-26 03:25
悩ましいですね。住宅メーカーの家は一見,良さそうに見えますが,やはり一見だけであって住む家ではないと思います。ではどうするかとなると,困ってしまいます。最近は様々な工務店が,個性ある住宅,例えば檜などの素材にこだわった家などを提案しているようなので、PIPOPAPOさんの描く家に近いものがあればそこに相談してみるのも手かもしれません。もちろん、中古でイメージぴったりのものがあればそれに越したことはありませんが、結局はかなり大々的に手をいれないといけないかと思います。
もし東京でしたら一度お会いしてお話を伺うのも良いかと思いましたが,奈良にお住まいのようなので、それもかないません。奈良という土地柄,昔から頑なに良い家を作っている工務店などありそうですが,如何でしょうか。
いずれにせよ,住宅メーカーのような今の一般的な住宅建設システムから外れて家を建てようと思えば,かなりの時間と労力が、忍耐も必要かと思います。
東京で沢山の家を設計している自分ですが,もし、自分が日本に帰って家を作るとなると,古民家を探すような気がします。
一層悩ませるようなご返答で申し訳ありません。
Commented by pipopapo-d at 2015-10-26 14:24
こんにちは。アドバイスありがとうございます。
古い街並みがまだ残っている土地なので、地元のそういうこだわりを有した工務店を当たって見ます。
といっても、奈良も東京とあまり変わらない状況かもしれません。