コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2015 12 27 蛮行
大丸心斎橋店本館が破壊されると言う。ISによる文化財破壊の蛮行となんら変わらない。無惨にも後藤さんを殺害したISと全く同じ行為を日本はしている。
ISに参加している人は自分たちの蛮行には気づかない。自分たちは,聖戦をしている、世界を支配する悪者と戦っていると信じている。確かに罪のない人が犠牲になるもののそれは世界をより良きものにするために仕方がないことと思っている。大丸はすでに古くなってしまい、この経営上戦略的な場所で,あのような「非効率的」な建物を使って商売をしていては売り上げがこれ以上は延びない。ここで数百億の投資をすれば、それは数年で回収できるほど売り上げを伸ばすことが出来る。都市環境 や文化的価値観は全く眼中に無い。ひとつの「建物」を個人の所有物と、自分が勝手にできる私有財産だとも思っている。これは法律以前の問題で、基本的人権が人類の普遍的な価値であるように、都市文化的な価値は普遍性をもったものだ。確かに日本では建築、都市に関する法整備が遅れている。でもそれが法律を越えたところにある事がわからない、知性のみじんもない経営陣がこのように最前線で日本を動かしているかと思えば,日本の未来は暗い。どうしようもなく暗い。腐って捨てるほど「建築」のあるイタリアにもかかわらず、どんなに無知な教育を受けていない人でもあの大丸を金のために破壊してしまえという人間は一人もいない。


古い教会の大きな扉の丁番
d0104210_14105831.jpg
EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4


















[PR]
by kimiyasu-k | 2015-12-27 13:56 | Comments(0)