コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2016 04 24 燭台
d0104210_19491559.jpg
NIKON D3000 NIKKOR55mmF1.2
イタリアにはB61という,長崎に投下された原爆の約2倍の威力をもつアメリカ軍の水素爆弾が,70器配備されているという。
核兵器は実際には使うものではなくて「抑止力」という議論を良く聞く。でも,使う可能性があるから抑止力として働くのであって,実際冷戦時代にはおそらく,ひょっとして今でもこれらの核兵器はすぐに「敵国」のどこかに向けて発射できるようになっている。全てとは言わないとしても半分の30発がどこかの街に向けて発射される事を想像してみれば,こいつがどれ程「馬鹿げた」ものであるかは,頭のまともな人なら分かると思う。
「アメリカに負けたから仕方ない」という言葉を若いイタリア人から聞いたけれども,確かに多数のアメリカの核兵器が配備されているドイツと日本,イタリアは敗戦国,なのだ。
今の世界は,グロバリゼーションが席巻しているというのは飛んだ大間違いで,何のことはない,アメリカニーゼーションだと,いうのは,確かにこの馬鹿げた70発の水素爆弾が安全保障という名目のもとに,敗戦国であるイタリアに配備されている事を思えば,妙に納得できる。敗戦国の日本にも,きっとこの馬鹿げた70発の核兵器に変わる何かが,布置されているのだろう。














.
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-04-24 19:49 | Comments(0)