コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2016 04 26 NIKON、65年、潜水艦、30年
d0104210_1456284.jpg

d0104210_14562480.jpg
NIKON D3000 NIKKOR55mmF1.2
EPSON の R-D1で見つけた撮りたい写真のイメージを、何とか NIKONで撮ろうとしてもどんなに工夫をしても色がでない。

庭仕事をしていると、隣人のロレーナから電話があった。ビオルカーティの奥さんが19日に亡くなったの知らなかったでしょう、と。毎日、家の前を通るマリオの奥さん、もう89歳だけれども、ここ数ヶ月から認知症が酷くなったという話しは聞いていたけれども亡くなられたとは。夕方マリオのところにお悔やみに寄ると、マリオはひとりでテレビを見ながら随分質素な夕食をしていた。65年も一緒にいた人を無くした悲しみをもった人を前にして、一体自分はどんな風にしたらよいのか、戸惑ってしまう。

オーストラリアへの潜水艦の売り込みに日本は負けたというニュースが結構、大々的に取り上げられている。このニュースは、どの新聞もテレビも残念な事として報じられているけれども、自分は全く残念だとは思わない。ほんの少し前までは、武器を輸出なんてことは”道徳的にいけない”ことだったのにいつの間にか、素晴らしい事になってしまったのは少し変だと思うのは、自分の頭が変なのか。

30年前の今日、チェルノブイリでまさかと思っていた原発事故が起きた。社会主義の遅れた国、だから仕方がないと思っていたけれども、日本でもやっぱり原発事故が起きた。
30年経っても、放射能の影響は確実に次世代へと受け継がれていく。クリック
だからもう、原子力発電所は、再稼働もやめて、日本は如何に原発の廃炉をするかという技術の先進国、放射線医学の先進国になれば良いと思う。そんなにお金が欲しいなら優れた潜水艦を作って売るより、世界中に無数にある原子炉相手の商売、健康を相手にした商売のほうが遥かに”金になる”しセンシン国だと思う。




















.
[PR]
by kimiyasu-k | 2016-04-26 14:56 | Comments(0)