コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2016 05 10 気に入らない
d0104210_624052.jpg

EPSON R-D1 NOKTON40mmF1.4
気に入らないのだ。こんな素晴らしい景色のところに石と木で「調和」して建っている家が,どうしても気に入らないのだから始末に終えない。何が気に入らないかと言えば,この家は修復した際に,バルコニーに製材した板材を使ってそれを塗料で仕上げているからだ。この村の家は,もともとバルコニーは草を干す為に作られたもので,もちろんこの村で村民が調達した建材だからバルコニーの手摺は,真っすぐな細い丸太をと塗装などせずにそのままの木地で使っていたのが,本来の姿だった。別荘として使う為には,細い丸太では危ないから,というのは言い訳に過ぎなくて,やっぱり景観保全に対して,そこまで気が回っていないからだ。イタリアもちょっと前までは,こんな細かなところにも「感性」があったのに今ではこうしてどんどん景観が破壊されて行く。











[PR]
by kimiyasu-k | 2016-05-11 05:40 | Comments(2)
Commented by pipopapo-d at 2016-05-12 20:26
たしかに違和感がありますね。
Commented by kimiyasu-k at 2016-05-13 00:59
一見、ほんの些細な事のようで、実は根本的な違いってのはどこにもありますね。気をつけないと。