コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2016 12 05 感情の退化
d0104210_22374136.jpg
子犬と過ごした1週間は、もう1年くらいに感じられる程長く、時間のながれる速度は「感情の密度」に比例することを発見した。だから感情の密度の濃かった子供の頃の一週間は限りなく長かったけれども、密度の薄くなってしまった最近は、一週間は瞬くまに終わってしまう。歳をとると時間の経つのが早いと嘆くけれども、それは全ての事に「鈍感」になっただけだと改めて納得してしまった。




















[PR]
by kimiyasu-k | 2016-12-01 22:38 | Comments(0)