コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2017 01 18 強欲
いつの間にか今月ももう20日近くなってしまった。まだこんなところにクリスマスのお菓子、パネットーネが転がっている。どこからともなく、クリスマスにはパネットーネが数個、必ず集まってきて、もうこの時期になれば誰も見向きもしないからこうして箱に収まったまま鎮座することになる。でもこれはミラノのコーヴァのオリジナルパネトーネじゃないか、虎屋の羊羹みたいなものだ。血糖値でも気にしながら食べることにしよう。
d0104210_06044027.jpg
EPSON R-D1x NOKTON40mmF1.4
一昨日はレオの4ヶ月の誕生日で、何の「お祝い」をしようということになった。そう言えばレオが来る前は、「全くアフリカでは無数の子供が飢えているのに犬に服を着せたり、高いドッグフードを与えたりでこの世の中どこか狂っている」と言っていたのを思い出した。まさにその通りだ。じゃあ、今年は「愛」の年なんだから毎月17日レオの誕生日には、せめてどこかに寄付をしよう、そういえばSOLE TERRE、「太陽と大地」という世界中の病気を患う子供を助けている団体があった。チェルノブイリの事故で30年経った今でも新しく生まれてくる癌におかされた子供たちを助けている。そこにしよう。もう歳も歳だし自分たちは十二分に生活を楽しんでいる。権力者は自分の富を蓄えることしか考えていないのだから、せめて自分のような弱者が少しでも誰かの役に立つ事をしてもいいじゃないか。
レオのおかげで、強欲な自分が見えたのだから、「犬に服を着せる」こともまんざら悪い事じゃない。














_
[PR]
by kimiyasu-k | 2017-01-19 06:04 | Comments(0)