コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2008年7月28日 月曜日 晴れ
東電、今期最終赤字2800億円 燃料価格高騰響き年5円減配
 併せて発表した2008年4―6月期の連結決算は営業損益が956億円の赤字(前年同期は646億円の黒字)だった。柏崎刈羽原子力発電所の停止により、火力発電の割合が増加。燃料費や購入電力料の負担が増え、採算が悪化した。  日経ネット

この記事はどのように読むべきだろうか。原子力発電をもっと強化して燃料費の高い火力発電を減らすべき、あるいは、いつ起こるかも分からない地震のために止まってしまうような、電力供給源としては不安定な原子力発電を減らして、他の道を模索すべきだ、と読むべきか。それとも単に、原発の耐震性能をもっと高める必要がある、、。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-07-28 17:07 | Comments(0)