コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2008年10月8日 小雨 くもり
昨夕のテレビで、何やら不可解なニュースが流れていた。
タイトルは、「日本人の物理学者がノーベル賞を掠め取る」というものだ。
Sono lieto che il premio Nobel sia stato attribuito a questo settore della fisica che sta avendo sempre più attenzione da tutto il mondo e dal quale ci aspettiamo fondamentali scoperte che aumenteranno la nostra comprensione sull'Universo - ha commentato - Tuttavia, non posso nascondere che questa particolare attribuzione mi riempie di amarezza: Kobayashi e Maskawa hanno come unico merito la generalizzazione, per altro semplice, di un'idea centrale la cui paternità è da attribuire al fisico italiano Nicola Cabibbo che, in modo autonomo e pionieristico, ha compreso il meccanismo del fenomeno del mescolamento dei quark, poi facilmente generalizzato dai due fisici premiati.
私は、物理学のこの分野に、ノーベル賞が与えられたことに喜びを感じます。
、、、、とは言え、この付与が、幻滅であることも隠せません。小林、益川は、核心的理論の一般化を行っただけであり、核心理論の生みの親は、イタリア人の物理学者ニコラカビッボであり、彼がクォークの混合現象のメカニズムを解明し、二人の物理学者はそれを、単純に一般化しただけだということです。

もちろん、物理学の功績評価に関しては全く言う術持たずだが、「日本人の物理学者がノーベル章を掠め取る」このようなタイトルで日本のNHKに当たるイタリアのRAIが報どうするのは、日本人にしてみれば美しくない。正論は正論と、形振りかまわず(こんな言葉がイタリア語にあるかも不明だが)主張するのは全くもってイタリアらしい。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-10-08 16:52 | 生活・vita | Comments(0)