コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2009年1月20日 雨
週末2日南イタリアシチリア島のパレルモに行って来た。ここまで来ると、イタリアもイタリアとは言えない。南イタリアのもうひとつの現実に出会うことが出来る。20年前、このあまりにシチリア的な街区ブッチリアのシャンハイという食堂で鰯を食べた。まだシャンハイは健在だ。それも全く20年前のままだ。イタリア人も入るのを躊躇うようなこの街区に入り込むと、広場を見下ろすテラスに、シャンハイ、イタリア語ではシャンガイというレストランがある。レストランと呼ぶには、あまりに汚い、、、、食堂だ。広場では、屋台がでている。この屋台も20年前にもあった。羊の腸を焼いたスティッギョーリという焼肉がある。これもそのままだ。ほとんどのイタリア人がスキーフォ(嫌悪を催す)といって食べないスティッギョーリを道端で、シチリアのレモン汁をたっぷりかけて食べた。とてつもなくおいしい。
d0104210_23143839.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-01-20 18:52 | 生活・vita | Comments(0)