コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2009 05 30
食品棚をごそごそしていると、とんでもなく古い缶詰が出てきた。赤くて大きい、tre torri, 3つの塔という会社のマグロの缶詰だ。シチリアの西の果て、マグロ漁で有名なトラパニの会社のものだ。これは、buzzanaglia ブッツァナリアといって言ってみればマグロの屑肉の缶詰で、イタリア人もほとんどしらない。このマグロの屑肉がおいしい。どうもパサパサしてしまう普通のマグロ缶に比べるとシットリしていて味もいい。背中の血の部分の肉もまざっている。一体何年前に買ったものか覚えていないが、まあ大丈夫だろうと、思わず二人で700gの大缶を平らげてしまうところだった。それにしても、この赤い色、マグロと塔の絵、字体、どれをとっても本当に魅力的なデザインの缶詰だ。
d0104210_5121967.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-05-31 05:06 | Comments(0)