コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

2009 06 21
夕方、7時半に家に帰ってくると、隣人がテラスから釣り糸を垂れている。しばらくすると魚が掛かった。昨日から解禁になったアゴーニと言う魚だ。この時期、産卵のために岸に上がってくる。アゴーニは確かニシン科の陸封魚で、コモ湖で獲れる魚の中では一番おいしい。この魚は、一週間ほど日に干してその後、塩漬けにしてミッスルティーニという、干物になる。イタリアでは魚の干物はきっとこのミッスルティーニだけだろう。それも、コモ湖でしか作られない。コモ湖名物のミッスルティーニ、初めて食べた時は思わず白いご飯が欲しくなった。
d0104210_5543917.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-22 05:54 | Comments(0)