コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

カテゴリ:食・mangiare( 20 )
2011 09 27 NESSO   林檎 アンヌルカ
これはそんじょそこらの林檎じゃない。ANNURCAアンヌルカと言って、イタリア原産の唯一の品種だ。なんせ昔の林檎だから、スーパーマーケットなどでも余りお目にかかる事がなく、保護種となっている。20年前から庭に1本アンヌルカの木があったが、今年はじめて2個の林檎ができた。
Non è una qualsiasi mela: ma un'annurca. E' l'unica varietà di orgine italiana e per sua rarità è diventata una specie protetta. Non si trova facilmente sulle bancarelle dei mercati. Per 20 anni è vissuta dimenticata in un'angolo di giardino e finalmente questo anno ha fatto due timidi frutti.
d0104210_13310100.jpg

sigma DP2
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-28 06:16 | 食・mangiare | Comments(0)
2011 09 18 NESSO 秋 収穫
残暑の日本からイタリアに戻ると、雨の涼しいイタリアが待っていた。畑も終わりに近づき、唐辛子や丹波の黒豆が食卓に姿を見せる。
d0104210_04423.jpg

d0104210_042666.jpg
SD15 50mm F1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-19 00:05 | 食・mangiare | Comments(2)
2011 02 12
そうか「シナモンのスティック」という意味なのか。ポルトガル語のpau de canelaというのは。三年も経ってから、レストランの名前の意味を調べる気になってようやく納得した。そういえばポルトガルの喫茶店はどこでもコーヒーにはシナモンスティックが付いてきた。リスボンまで行きが0ユーロ、ポルトからの帰りが9ユーロという航空チケットを見つけて事務所まるごとポルトガルに初めて行ったのはもう三年前だ。ポルトの街で昼食に入ったpau de canelaというレストランで食べたのがこの蛸足の丸焼き。おいしい、おいしいと大きな蛸の足を丸ごと食べたのをふと思い出し、家でつくることにした。生の蛸はどんなに火を通しても硬くて食べられない。冷凍蛸を、1,2時間茹でて、柔らかくなったところをオリーブオイルをまぶしてオーブンに入れて焼く。蛸足の表面が乾き少し揚げたようになると、ほかほかの白い身がたまらなく美味しい。
d0104210_1361154.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-02-13 01:36 | 食・mangiare | Comments(1)
2011 01 02 NESSO
正月2日、寒いし、車の止めてある国道まで出るには階段を364段登らないといけないので外に出るのも気がひける。久しぶりに家でのんびりするのも悪くない。とはいえ、何かをしないと間がもたない。久しぶりにパンを焼こう。大晦日にスーパーで見つけて衝動買いした電気オーブンも試してみたい。というわけで、食料棚の奥からシチリアの絵のついた袋に入った強力粉を引っ張り出してきた。このシチリアの黄色い強力粉で作るパンはおいしい。数年前、もう10年も経ってしまったか薪の釜で焼いたシチリアパンをシチリアはトラパニ人のピエトロがよく持ってきて食べさせたくれた。それ以来、パンはシチリアに限ると、所用でシチリアに行くとかならず大きなバック一杯にパンを買い込んできた。新しいオーブンで一体どんなパンが焼けることやら。パンは小麦粉と練り方が決めて。昔齧った陶芸の粘土の練り方、菊練の要領で、一生懸命粉を練る。手が疲れて来るころ、何とも言えない粘りというか、粉が独特の感触になってくる。あとは、暖房のラジエターの上で発酵、練り、発酵、練りを繰り返し、220度のオーブンで20分。焼き加減を見てあと180度で15分。いい感じに焦げている。オーブンから出して、布に包んで1時間も寝かす。正真正銘のシチリアのもっちりとしたおいしいパンが出来上がった。大満足。パンはそんなに好きじゃないのにこのシチリアのパンだけは、片口鰯のオイル漬け、アンチョビーを乗せて食べ始めると止まらない。
d0104210_5585163.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-01-03 06:03 | 食・mangiare | Comments(0)
2010 04 06
イタリア、何故か野菜が美味しい。PUNTARELLE、プンタレッレと呼ばれているローマの野菜。プンタは、新芽のことで本当はアスパラジーチコリの芽のこと、らしい。この季節サラダで食べる。アンチョビーといっしょに、とりわけ、家の畑で作った採りたてのプンタレッラはめちゃくちゃ美味しい。
d0104210_5385129.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-04-08 05:38 | 食・mangiare | Comments(0)
2010 01 10
クリスマス休暇最後の最後の昼食会。先の足に豚肉を詰めたザンポーネと並んで、腸などの袋に詰めたものをコテキーノという。写真は、あまり見ることがない、膀胱に豚肉を詰めて、2,3時間煮た、巨大なコテキーノ。4kgあると言う。クリスマス休暇の食い納めに、コテキーノをするから食べに来いというので、日曜の昼、出かけて行った。これで四月の復活祭まで、大食いパーティーはしばらくお休み。
d0104210_6402999.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-11 06:40 | 食・mangiare | Comments(0)
2010 01 02
d0104210_2144298.jpg

いつものチーズ屋さんが、休みで他のチーズ屋でみつけた新しいステルビオチーズ
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-02 21:44 | 食・mangiare | Comments(0)
2010 01 01
明けましておめでとうございます。本当は昨日食べるはずのものだが、イタリアでは、ちょっと気持ちの悪いこんなものが年越し料理だ。zamponeザンポーネ、足、豚の足に豚肉を詰めて、2、3時間ほど煮たもの。これに、食べるとお金持ちになると言う、レンティーケ、レンズ豆を添えて食べる。ちなみにザンポーネの上にあるのは、モルタデッラと言うレバーの入ったソーセージだ。
d0104210_5323977.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-02 07:54 | 食・mangiare | Comments(0)
2009 12 17
日本ではあまり見かけない、しわくちゃのキャベツ、ベルツァが隣のラファエッレの畑で出来ていた。このキャベツとそば粉のパスタ、カゼーラというチーズで作るのがピッツォッケリ、この辺り、北イタリアの山家料理だ。
d0104210_15183951.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-12-17 15:18 | 食・mangiare | Comments(0)
2009 11 22
少し前、パレルモの市場で撮った写真。二匹ほど、結膜炎。
d0104210_2542321.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-11-24 02:54 | 食・mangiare | Comments(0)