コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
3月30日 金曜 曇り
一昨日の言葉遊びを続けてみた。「美しい」の後に「女」と書くと「美しい女」。自然だ。「美しい」の後に「男」と書くと「美しい男」。「美しい日本」と同じでどうも座りが悪い。どうしてかと考えてみると、「美しい」という形容詞と「男」という名詞がどこかで矛盾するからだろう。「男」の中に「美しい」と反する何らかの形容的な要素が含まれているからだろう。「女」の中には、すでに美しいという形容的な要素が含まれているから「美しい女」というのは全く違和感がない。ということは、「日本」の中に「美しい」と反する何らかの形容的な要素が含まれているということになる。
イタリア語では美しい男、bell'uomoは全く自然だしよく使う言葉だ。
今度は形容詞と名詞を入れ替えて、「日本の美しさ」とする。これは全く自然で問題がない。日本にはヨーロッパ人が一目置く美しさが数多くある。日本の自然であり、歴史であり、芸術、先端技術。
どうも「日本」を「美しい」で括ってしまうのが駄目なようだ。括るというのはイタリア語ではFASCIO、ファッショ。これが主義になるとファシズムになってしまう。あまりいろいろ括ってしまわないほうが良いようだ。

il mio migliore amico ★★★☆☆
さすがに leconte、おもしろい。が、いつのまにかあのデリケートな心理描写を得意とするフランス映画がアメリカと同じダイレクトな心理描写になってしまった。
[PR]
by kimiyasu-k | 2007-03-31 02:04 | Comments(0)
3月28日 水曜 曇り
昼食、雑談をしている。最近読んだ本のこと、話し相手がある小説のことを、QUSAI CAPOLAVOROと言った。QUSAI CAPOLAVOROは訳すと「ほぼ傑作」という意味になる。その言葉尻を捕まえて、「何て言った。「ほぼ傑作」だって。」と言う。つまり傑作というのは既に最上級であって、それに「ほぼ」という程度を表す形容詞がつくのは可笑しいんじゃないのか、という訳だ。もちろん、日本人の自分がイタリア人のイタリア語の言葉尻を捕まえてからかうというのが、からかわれたのが何とも愉快で、みんなで大笑いした。彼女は「ほぼ」の後に別の言葉を言おうと思っていたのが、つい「傑作」という名詞が出てきてしまったんだと言い訳していた。
それぞれの意味はどうということのない二つの言葉の組み合わせが、ある文脈の中で、思いもかけない意味を発したり、強いメッセージを送ったりすることがしばしば起きる。そんな二つの単語の組み合わせですぐ頭に浮かぶのは「美しい」と「日本」を結びつけたものだろう。「美しい日本」何の変哲もないこの二つの単語が組み合わされて、思いもよらない言葉ができあがった。「美しい」の後に「女性」と言おうと思っていたところが、思わず他の事を考えて「日本」と言ってしまったのだろう。
[PR]
by KIMIYASU-K | 2007-03-29 02:53 | Comments(0)
3月18日 月曜 曇り
ミネラルウオーターは「茶やジュースと違う」と菅総務相  2007年03月19日15時27分
 お茶やジュースは消耗品費、ミネラルウオーターは光熱水費−。菅義偉総務相は19日午前の参院予算委員会で、光熱水費問題を抱える松岡利勝農水相が高価なミネラルウオーターを飲んでいたとされることを受けて、政治資金収支報告書に飲料代を記載する際の分類の仕方を例示した。民主党の芝博一氏が「ミネラルウオーターやお茶、コーヒー、ジュースは(光熱水費ではなく)備品・消耗品費に計上するのが一般的ではないか」と質問したのに答えた。菅氏は「ジュースとかお茶は消耗品に入れるか、事務所費に入れるか、政治活動の一環であれば組織対策費に入れてもおかしくない」と指摘。一方、ミネラルウオーターに関しては「お茶やジュースとは明らかに違う」として、光熱水費に計上しても問題ないとの認識を示した。
 芝氏は「一般の感覚ではミネラルウオーターもお茶なども同じだ」と納得せず、「何か思惑があるのか」と食い下がったが、菅氏は「総務省は個別の費用をどの項目に当てはめるか判断する立場にない」と答えるにとどまった。(時事)

参院予算委員会、税金を使って限られた時間で運営される国の大事な委員会で、他に何か議論する事はないのだろうか。政治資金の透明化という基本的な原理は分かるが、それが重箱の底をつつくような、ディテールまで降りてくると、およそ馬鹿げた議論になるということに気がつかないのだろうか。
[PR]
by kimiyasu-k | 2007-03-19 17:18 | Comments(0)
3月17日 土曜 晴れ
d0104210_340890.jpg
ボローニャからミラノへの帰途、パルマ近くの小さな街フォンタネッラートに寄る。15年ぶりに訪れたこの街は、記憶よりも遥かに美しかった。
1100年代に建てられたロッカ、城を中心に街が広がる。この街の再訪の目的は、なんといってもあのパルミジャニーノのフレスコ画を見る事だ。期待は裏切られなかった。15年前の記憶が鮮やかに蘇る。アレゴリーに満ちた、濃紺の背景をベースにしたフレスコ画が頭上に広がる。
赤ちゃんを抱いた少女が、不思議なまなざしでこちらを見ている。可愛く、美しく、醜く、怒った、笑った、少女、聖母マリアのようなこの女の子は、ユングのグレートマザー,老賢人、怪童などまるであらゆるアーキタイプを体現したかのようだ。
食料品屋によって、特産品のクラテッロ、生ハムの中でも最もおいしいといわれている(残念ながら自分にはそれを味わうだけの味覚力がないのだが)、バルサミコ酢、グラーナチーズ、を買い込んだ。
[PR]
by kimiyasu-k | 2007-03-19 03:41 | Comments(0)
3月12日 月曜 晴れ
夜、仕事の話しがありレストランに行く。ジャルディーノというコモの町外れ、住宅地にあるレストランで、1900年代の初めに建てられたと思われる小さな館、ビッラで魅力的な建物だ。街の中心地にあるレストランはどこも観光客相手のためか、料理もあまり変わったものはない。そこで知人に紹介してもらったこのレストランに初めて行ってみた。
メニューに、ピチを見つけた。こんなところで、ピチに出会うとは思っても見なかった。ピチはトスカナ地方のパスタで、手作りのうどんといったらよいのだろうか。固めのうどんが、スパゲッティになったようなものだ。たっぷりのミートソースと名古屋のミソに込みうどんのようなコシのある麺が素朴でおいしい。マグロを軽く火であぶったセコンドピアットもなつかしい味がした。
仕事の話しは、最初からけんか腰になるのは分かっていた。
この次は、仕事なしで、友人と来て、料理を満喫しよう。
[PR]
by kimiyasu-k | 2007-03-15 01:35 | Comments(0)
3月11日 日曜 晴れ
昼前、隣に週末住宅をもつ友人に会いに行く。ミラノに住み、土日は必ずこのネッソ村の家に来て、田舎暮らしを楽しんでいる。外で畑仕事をしていた友人が、今日は一人娘のマーラも来ているというので、家に会いに行く。自分とは親子ほども歳のはなれたマーラとの会話はこんな調子だ。
「久しぶりだけど元気だった、調子はどう」
「元気、元気、何か新しいことはあった」
「いや、これといって特別ないよ」
「仕事はどう、相変わらず遅くまで毎日働いているの」
「毎日9時過ぎまで。これは私の人生じゃない。仕事だけで、自分の時間が全くもてない。この間会社の人とパーティーがあったんだけど、みんなこんな遅くまで毎日仕事をしている人は、会話をする話題もない。自分のもっている自動車の話しぐらいで、全く話題がないの。そんな人たちをみてると、これはやっぱり自分の人生じゃないと思う。」
「そうか、でも長い目で見れば、若いときにはそういう時期があってもいいんじゃないのかな。」(ちなみにマーラは弁護士で、ヨーロッパでも有数の大きな法律事務所で、国際的なファイナンス会社を相手にした仕事をしている)
「この事務所で働きだして、まだ6ヶ月しか経っていないので後なんとか半年はやるつもり。でも、これはやっぱり自分じゃないから、一年経ったら行動を起こすつもり」
/////////////
「そう言えば、先日、新聞でインターネット関係の評論家が面白いことを書いていて随分なっとくしたんだよ。」「彼は、ブログなんかによって、マスコミ、権力側に握られていた情報が、全くの個人、権力の無い人間が発することができるようになった。そして、情報を受け取る側も、もう情報が絶対的に正しいものじゃなくて、自分で判断して受け取るようになっていく、そんなふうに情報が、個人のレベルにと本当の意味でおりてきたんだ、といっていた。」
「それは確かに。」

長々と書いてしまったけど、親子ほど歳の違った性別も異なった人が、こんな会話を自然にできるような空気があるのが好きだ。
d0104210_329198.jpg
mare dentro ★★★★☆
26年間、全身不随になってベットで生きてきた主人公が、自らの死を獲得するまでを描いた映画。その主題の重さにも関わらず、彼を巡って浮き出される人間の姿は感動的。つい1月ほど前に、イタリアでも死を望んだ寝たきりの身障者が、殺人罪に問われることを知っていながら医師によって呼吸器を止めてもらい、息を引き取った。映画が単なる娯楽でなく、こんなにも強烈に人々に問題を投げかけることに驚嘆した。
[PR]
by kimiyasu-k | 2007-03-13 03:34 | Comments(0)
3月10日 土曜 晴れ
d0104210_19254710.jpgd0104210_19475337.jpg
今更何もこんなことを書くのもおかしいが、ふと先にみた映画をみて思い出したのは、ベニーニの作った映画"la vita è bella"とLiev Schreiberの作った"ogni cosa e illminata"について。両者とも第二次世界大戦におけるユダヤ人の虐殺を語っている。ベニーニの映画は「生きる事がすばらしい」というのが主題なのだが、それはアウシュビッツの収容所という地獄で描かれることによって、また純真な子供を登場させることによって成功している。しかし本当にその地獄を生きた人間に、そして死んでしまった人間に「生きることがすばらしい」と語ることができるのだろうか。
それに比べてogni cosa e illminataがユダヤ人虐殺から生き延びてしまった二人の人間を通して、史実が人々に本当に刻み込んだものを描き出そうとしている。人の犯した許しがたい過ちとそれを被った人々の、自殺にまでも追い込む悲しみだ。それが二人のコミカルな若者をとおして描かれることによって、今日性をもってくる。ベニーニの映画に「無意識の悪意」を感じてしまうのは自分だけだろうか。一連のユダヤ人虐殺の映画は、一見その残虐性、非人間性を告発しているようでありながら、それを道具化strumentalizzazioneしていることに注意しないといけない。数年前に評判になった戦場のピアニストもそんな映画のひとつだ。
ヨーロッパは確実に世界第二次大戦から何かを学んだ。ヨーロッパが貨幣を統一して、国境が無くなったのは決して自然に、スムーズに行われたわけではない。多くの犠牲の上に実現した。ここ数年の日本の右傾化を見ると広島はすでに忘却の引き出しにしまい込まれてしまったということだろうか。
[PR]
by kimiyasu-k | 2007-03-10 19:17 | Comments(0)
3月6日 水曜 雨
d0104210_23315775.jpg
昨日から、コモの街では日本の建築家、隈研吾の展覧会が開かれている。仕事に疲れた午後、所員と一緒に見に行った。技術的な面では展示物の物理的な量が少ないために、少し寂しい印象を与えた。
内容に関しては、何故、今、イタリアで「隈研吾」なんだというのが正直な印象だったが、おそらく日本の伝統的な、木格子のイメージがイタリア人にとっては、新しいものとして映るのかもしれない。寿司、禅(いずれにせよ、寿司と禅が同じレベルで語られるというのが外国文化の捉えられ方だ)、といった日本の文化イメージの上にのっているのが隈研吾の建築なのかもしれない。
そこで、一緒に見た所員に聞いてみる。端的に言ってしまえば、竹や紙といったイタリア人にとっては「建築」とは縁の遠い素材で「建築」を作ってしまうところが、変わっているとのことだった。
寿司バーなんかと同じ、今イタリアで流行っている、という枠から外してみると、彼の建築は魅力というか力が無い、と思った。
[PR]
by kimiyasu-k | 2007-03-08 23:23 | Comments(0)
3月4日 月曜 晴れ、曇り
昨日は本当に暖かい一日だった。生ハムのパニーニをもって昼、村の船着き場に行ったが、余りの日の強さに、パンツ一枚となって日光浴をしてしまった。

2月15日付の同紙は東京特派員による記事で、6か国協議を取り上げ、日本は北朝鮮の核開発問題の解決で主導的な役割を果たせず、「拉致問題が日本の外交政策を独占してしまっている」と批判。これに対し、阿部大使は、被害者は日本人だけでなく、イタリアやフランスなど欧州にも広がっているとし、「核問題解決の名の下に、拉致問題を犠牲にすることはできない」と主張、進展がない場合は、エネルギー支援などを行わないとする政府方針の正当性を強調した。(2007年3月5日22時5分 読売新聞)

拉致問題、イタリアではほとんど報道されていない。気になるのはマスコミの報道が、どうしても被害者への感情問題として扱われているような印象を受けることにある。「感情」は、国内の世論を方向付けるには有効であっても国際舞台では通じない。主権侵害をされた法治国家日本という「論理」を展開しないことには、解決の可能性は皆無と考える。
感情をベースにした拉致問題が外交の切り札として有効と考えているなら、それは本当に日本の非国際性を示すものでしかない。国際人であるべき大使の「核問題解決の名の下に、拉致問題を犠牲にすることはできない」という発言が、全く意味を成さない(誰も核問題か拉致問題かという選択をせまっているわけでない)ことを考えれば、この発言自体が極めて感情的なことに気がつく。

映画 whisky  ?????
ちょっとすごい映画。フランス的な心理の動きだけで展開していく、という意味では面白いけれども、、、、、、。ともかく、一見の価値あり
d0104210_210296.jpg
[PR]
by kimiyasu-k | 2007-03-06 01:51 | Comments(0)