コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2007年12月18日 曇り
d0104210_2234373.jpg

ポルトガルに行ってきた。事務所の慰安旅行というわけでもないが、20年以上見てみたいと思い続けてきたアルバロシッザの建築をみんなで見に行こうと、人の少ないこの季節を選んだ。何となく、ヨーロッパの辺境というイメージのあるポルトガルだが、とんでも無い思い違いであることを知った。
リスボンには夕方の飛行機でミラノから暗くなってから到着した。飛行場で借りたレンタカーのナビは何故か調子が悪く、セトバルの街にあるポウサウダで一泊目を迎える予定だった自分たちは一時間以上、飛行場の周りを走り回り、何とかバスコダガマ橋へと向かう高速道路にのった。それでも、ミラノから用意してきたマードレデウスのCD、アインダはすぐに物悲しいファドをずっと聞かせ続けてくれた。
それにしてもシッザの建築はすばらしい。現代建築が現実にこんなにも純粋に「美しく」あり得ることに感動する。近代建築が生まれてから、およそ建築から「美しい」という概念が消えてしまったと思っていたら、唯一大西洋に面する異端のラテン国ポルトガルで、しっかりと大文字の建築は生きていた。
[PR]
by kimiyasu-k | 2007-12-27 22:34 | Comments(0)
2007年12月03日 曇りのち晴れ
d0104210_19313558.jpg

一昨日からようやくガスが家に来た。昨年までは薪だけの暖房だった。車も寄り付けない湖畔の家では、全て肩に背負って運ばなければならない。一日10kg程度の薪でも4,5ヶ月分となるとかなりの量になる。その薪運びからも開放された。朝、暖かに暖房された家で目を覚まし、窓から外を見る。昨夜雨が少し降ったようだ。視線を上げると雲の切れ間から見えた山には、初冠雪があった。
[PR]
by kimiyasu-k | 2007-12-03 19:35 | Comments(0)