コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2008年7月28日 月曜日 晴れ
東電、今期最終赤字2800億円 燃料価格高騰響き年5円減配
 併せて発表した2008年4―6月期の連結決算は営業損益が956億円の赤字(前年同期は646億円の黒字)だった。柏崎刈羽原子力発電所の停止により、火力発電の割合が増加。燃料費や購入電力料の負担が増え、採算が悪化した。  日経ネット

この記事はどのように読むべきだろうか。原子力発電をもっと強化して燃料費の高い火力発電を減らすべき、あるいは、いつ起こるかも分からない地震のために止まってしまうような、電力供給源としては不安定な原子力発電を減らして、他の道を模索すべきだ、と読むべきか。それとも単に、原発の耐震性能をもっと高める必要がある、、。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-07-28 17:07 | Comments(0)
2008年7月18日 金曜日 晴れ・くもり
d0104210_17355578.jpg
d0104210_17361710.jpg
d0104210_17363246.jpg

考えてみると家には廃品回収品が多い。写真は浴室のドアで、これはミラノの建築現場から回収したもの。1900年初頭に建てられた建物には美しいドアがあったが、改修工事の際にそれは捨てられる運命にあった。ドアのサイズを詰めて枠を作り直した。
椅子は、先日ごみを出す日に家の前に捨ててあった。一月前に下の階の家を買ったオランダ人のカップルが、イケアで安物の家具を買ってくると、家にあった椅子を捨てたのだ。オランダ人は、古いもののよさが分からないのだろうか。ゴッホが描いた椅子なのに。紙やすり、金タワシで磨いて、オリーブオイルで仕上げた。100年は経っているのだろう。椅子は手作りで、足の部材は不整形な木材を使っただけあって少しゆがんで味がある。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-07-18 17:11 | 建築・architettura | Comments(0)
2008年7月18日 金曜日 晴れ・くもり
d0104210_16244916.jpg
d0104210_1625533.jpg

イタリアの今年の夏は、イタリアらしくない。昨日ようやく気持ちの良い太陽が来て、ようやく夏が来たと思ったら、今日はもう曇り空で雨も落ちた。コモ湖はこの季節には珍しく雨のために水位があがり、カブール広場は冠水した。よろこんでいるのは北ヨーロッパから夏になると降りてくる観光客。今、コモ湖はこの冠水を防ぐための大掛かりな護岸工事をしている。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-07-18 16:51 | Comments(0)
2008年7月13日 日曜日 くもり、雨
夜十時ごろ、隣に住む友人のところに遊びに行く。釣り仲間が3人来ていて、食事のあとの雑談をしている。イタリア人の会話の中に入ると、必ず出る話が、日本の捕鯨だ。
どうして、日本は捕鯨をするのか。鯨の肉はどんな味がするのか。個人的には捕鯨には反対の立場を取っているが、日本人の大多数が捕鯨に賛成していること、また科学的にはシロナガスクジラは絶滅の危機にあるが、ミンク鯨はその数が増えすぎて生態系のバランスがくずれていて、決して日本が捕獲する鯨で、絶滅の危機に拍車をかけているわけではないことを説明する。政治好きなイタリア人なので、当然話は企業と政治家が結びついた利害関係、言ってみれば捕鯨することによって誰かが利益を得ている、、という話に発展する。
世界の舞台の中で「NO」と言えない日本人は日本人の誰もが自覚している。世界に向かって捕鯨中止に対して「NO」と叫ぶことをし続けるのは、科学的な問題より、経済的な問題より何にもまして日本人のコレクティブな世界の中で自分のアイデンティティを叫びたいという無意識の感情問題なのではないだろうか。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-07-15 19:10 | Comments(0)
2008年7月6日 日曜日 くもり、雨
先日、仕事の関係で、友人のアンジェロが日曜日に我が家に来ていいかという。アンジェロは二年ほど前に離婚して、今は母親と暮らしている。家具の輸出をしている。
12時ごろ、やってきた。どうせ、バーベキュウをするなら、隣の夫妻も、普段はイギリスに住んでいるが、久しぶりにやってきたロベルトも巻き込むことにする。
土曜には、リブステーキの3KGほどの塊、2KGのサルシッチャというイタリアのソーセージ、もも肉を買い込んできた。あいにく、天気が悪い。暖炉を使えば家の中でやれないこともないのだが、それもあまりにツマラナイ。隣の夫妻のテラスを場所を借りてやることにする。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-07-08 02:05 | Comments(0)