コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2008年8月21日 木曜日 晴れ
d0104210_23384433.jpg
「エスマの秘密」という映画を見る。Jasmila Zbanic監督の2006年に製作されたボスニアの映画だ。戦争の犠牲者として収容所で強姦により子供をもってしまったエスマとその思春期に達した子供の話。エンターテイメント「映画」になれてしまったものには、その映像の貧しさやストレートな表現に物足りなさを感じてしまうが、戦争を語ることの、語り続けることの大切さを教える大きな佳作だ。
http://www.mymovies.it/poster/?id=43752
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-08-22 16:32 | Comments(0)
2008年8月20日 水曜日 晴れ
d0104210_163975.jpg
久しぶりに映画、それもイタリア映画を見る。ベロッキオ監督、カステリッティ主演の2006年のil regista di matrimoni, 「結婚式の映画監督」だ。ずっと気になっていながらなかなか見る機会が無かった。
シチリア、貴族、婚姻、海、映画、夢、死、とこれこそイタリア映画という美しいイメージが連続するが、そこにどこか今日的な抜けがある。余りに「映画であること」に少し抵抗を感じてしまうが、カステレッティの魅力は充分に楽しませてくれる。
http://www.mymovies.it/trailer/?id=35684


d0104210_17375.jpgd0104210_1471694.jpg
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-08-21 01:07 | Comments(0)
2008年8月19日 火曜日 曇り
d0104210_17382515.jpg

先日、ルッカの邸宅で見た1800年代のテーブルセッティング。写した写真をPCで見ると、構図や色合い、オブジェクトがまるで1800年代の絵画のようだった。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-08-19 17:37 | Comments(0)
2008年8月18日 月曜日 晴れ
d0104210_241733.jpg

友人に誘われて、日本はお盆、イタリアはferragosto,8月15日を前後してミニバカンスにトスカナに行った。フィレンツェで有名なトスカナだが、トスカナには海もある。ガイドブックにも余り紹介されていない村を地図で目星をつけて訪れてみると、思いもかけない魅力的な海に面した村だった。こうやってイタリア人は夏の一月をただ、海で海水浴はあまりせずに、日光浴をして過ごす。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-08-19 02:35 | Comments(0)
2008年8月12日 月曜日 雨 曇り
d0104210_0113420.jpg

オフィスの入り口にはGIUSEPPE BERGOMIの彫刻がある。日常生活の中にモチーフを見つけ、アルカイックな地中海の彫刻の流れを現代に見事に復活させた彼の彫刻はこんなにも慈しい。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-08-13 00:08 | Comments(0)
2008年8月9日 日曜日 晴れ
d0104210_1949341.jpg

村の船着場に、日光浴に行った。子供たちが楽しそうに遊んでいる。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-08-12 19:50 | Comments(0)
2008年8月2日 日曜日 晴れ
アントニオ タブッキのインド夜想曲を読んだ。須賀敦子さんの本に翻訳者のあとがきを見つけて、非常にほめていたからだ。
本は好きだが、こちらに20年暮らしているが、そして日常生活はイタリア語で全く問題ないが、それでもやはりイタリア語の本を読むのは一仕事だ。
日本語に訳されているか知らないが、カロフィーリオcarofiglioのragionevoli dubbiを読み出す。こちらは、タブッキの本に比べてはるかに読み易いが、kawabata natsuが容疑者の妻であることに、彼女が寿司を作るコック(職人とならないところがミソだが)であることに驚く。今、イタリアではこんなにも日本が今日的だ。
[PR]
by kimiyasu-k | 2008-08-04 19:58 | Comments(0)