コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2009年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
2009 06 28
おそらく、田母神論文がきっかけだったと思う。インターネットで関連ニュース、youtubeで関連動画を検索していた。桜チャンネルというのがある。20年以上前、NHK市民大学講座で、西部という東大教授が愚かな大衆論というのをやっていた。宮台という、自分達の世代の"物分りの良い"社会学者、評論家が居る。宮台を検索しているとビデオニュース.コムというチャンネルを見つける。桜井とか言う、昔テレビで見たアナウンサーが、反中国の論陣を張っている。といった具合に、まるで芋蔓式に、今日本で物を言う人達の声を直接、聞くことができる。
[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-28 13:31 | Comments(0)
2009 06 27
あまり天気が良くないが、夕食は狭いバルコニーにすることにする。外で食べると何故かおいしく感じられる。サルシッチャ、イタリアのソーセージのリゾットと、畑で取れた野菜。ズッキーニ、ピーマン、トマトなどなど。
d0104210_13174291.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-28 13:17 | Comments(0)
2009 06 26
フランチェスコ・カフィーゾ、ジャズを聴かない人は全く知らないだろうが、昨今のジャズ界では世界的な若手サックス奏者でその名前を誰もが聞いたことがあるだろう。26日、F1で有名なモンツァで野外コンサートがあるという。これは逃せないと、颯爽と出かけていった。生憎の雨。始まりの9時半になっても、聴衆は2,30人しかいない。おかげで、最前列、真ん中に席を取ることができた。二時間、傘をもってのコンサートだが、さすがのカフィーゾ、久しぶりに本格的なジャズを生で聴くことが出来た。
d0104210_22242014.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-27 21:14 | Comments(0)
2009 06 21
コモ湖畔には、15世紀ごろから貴族の別荘が多数存在するが、その中でも、こもベラッジョにあるvilla melzi, メルツィ邸は一番だろう。現在はベラッジョ市が所有し、3月から10月ごろまで庭を散策することができる。新古典主義のシンプルで厳格なプロポーションは、他に類を見ない
d0104210_664818.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-22 06:07 | 建築・architettura | Comments(0)
2009 06 21
夕方、7時半に家に帰ってくると、隣人がテラスから釣り糸を垂れている。しばらくすると魚が掛かった。昨日から解禁になったアゴーニと言う魚だ。この時期、産卵のために岸に上がってくる。アゴーニは確かニシン科の陸封魚で、コモ湖で獲れる魚の中では一番おいしい。この魚は、一週間ほど日に干してその後、塩漬けにしてミッスルティーニという、干物になる。イタリアでは魚の干物はきっとこのミッスルティーニだけだろう。それも、コモ湖でしか作られない。コモ湖名物のミッスルティーニ、初めて食べた時は思わず白いご飯が欲しくなった。
d0104210_5543917.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-22 05:54 | Comments(0)
2009 06 19
コモ、サンフェデーレ広場
d0104210_22275177.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-20 22:24 | Comments(0)
2009 06 18
1900年代はじめの絵葉書だろう。先に書いたコンコルディア号と思われる蒸気船が、書斎のある家に向かって走っていく。
d0104210_1262513.jpg
d0104210_242643.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-19 01:26 | Comments(0)
2009 06 18
事務所のバルコニーのレモン、大分大きくなった。
d0104210_0595563.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-19 00:59 | 生活・vita | Comments(0)
2009 06 16
夜、窓を開けていると、コンピューターのスクリーンに虫が寄って来る。
d0104210_5382767.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-17 05:38 | Comments(0)
2009 06 16
6月にしては狂ったように暑い日が続いている。街の中にある事務所は暑い。湖畔の家に帰り夕食は夕涼みをしながらバルコニーでする。夜、10時ごろまで明かりの残るこの季節は、外に居ると本当に気持ちが良い。夜9時半の夕焼けの後、辺りが暗くなり対岸の町の灯りがきらめき出す。
d0104210_4574956.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-06-17 04:58 | 生活・vita | Comments(0)