コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2009年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
2009 08 31
d0104210_2056615.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-31 20:56 | 生活・vita | Comments(0)
2009 08 28
夏の終わりか、朝、激しい雨が30分も降ると、空は晴れ上がって行った。
d0104210_19304121.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-29 19:30 | 自然・natura | Comments(0)
2009 08 26
モビールを作るための小さな万力、スケッチをする白い使い古しの紙袋、鉛筆、真鍮、ピアノ線。
d0104210_17263327.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-26 17:26 | 生活・vita | Comments(0)
2009 08 23
日本から子供を4人引き連れた友人夫妻が遊びに来てくれた。午後三時、ルッピアの湖岸に水浴びに行く。子供たちは大はしゃぎで紙コップで魚を獲ろうと小一時間も格闘すると疲れきってしまった。セミの声がした、スイカと掻き氷の日本の夏休みがイタリアにやってきた。
d0104210_073130.jpg

紙コップで魚が取れるはずがないと思っていたが、見えないほどのメダカとゴビーディという小さな小さなハゼ科の魚を獲った!
.
d0104210_02981.jpg

Padogobius martensii
Gobidi

Pesciolino di modeste dimensioni che vive perennemente appoggiato sul fondo delle rive dei laghi e dei fiumi, cui aderisce con le pinne ventrali unite insieme a formare una sorta di ventosa. Bocca terminale e delimitata da labbra spesse e carnose; con mandibola leggermente prominente. Pinne dorsali piuttosto distanziate tra loro, caudale arrotondata.
Habitat: popola quasi tutti i corpi d'acqua e i laghi d'Italia Settentrionale.
E' pescato dai pescatori profestionisti insieme ai cobiti.
Viene utilizzato per la pesca dilettantistica come esca per la cattura dei pesci predatori
[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-25 00:12 | 生活・vita | Comments(0)
2009 08 19
d0104210_1553437.jpg

午前4時、バルコニーに三脚を立てて30秒露出すると、カシオペア座と天の川が写っている。
[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-19 15:53 | Comments(1)
2009 08 19
d0104210_1552613.jpg

photo by marcella monti
パリ郊外、MORETで見た1500年代の建物。
[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-19 15:52 | Comments(0)
2008 09 17
バカンスのこの季節には最適なエネルギッシュな椎名誠の本。なかなか笑える本に出合うのが難しいが、彼の本はいつも一冊の中で最低5回、ワッハッハと声を出して笑わせてくれる。
d0104210_2030108.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-17 20:30 | 生活・vita | Comments(0)
2009 08 13
家の前に有る石の橋から、オランダからバカンスに来ている少女が湖に飛び込んだ。
Una ragazza olandese in vacanza si è tuffata dal ponte di pietra sotto la mia finestra.
d0104210_22415657.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-13 21:52 | Comments(0)
2009 08 14
d0104210_164031.jpg

Marco Polo descrive un ponte, pietra per pietra.
«Ma qual è la pietra che sostiene il ponte?» chiede Kublai Kan.
«Il ponte non è sostenuto da questa o quella pietra - risponde Marco - ma dalla linea dell'arco che esse formano.»
Kublai Kan rimane silenzioso, riflettendo. Poi soggiunge: «Perché mi parli delle pietre? È solo dell'arco che mi importa».
Polo risponde: «Senza pietre non c'è arco».
Italo Calvino, Le città invisibili
マルコポーロは橋について、夫々の石一つづつ語る。
クブライカンが、「一体、どの石が橋を支えているんだ。」と尋ねる。
「橋は、この石とかあの石とかが支えるのではなくて、石が作り出すアーチによって支えられています。」とマルコポーロは答える。
クブライカンは、黙って、考える。そして、言う。「どうして石について語るんだ。私にはアーチだけが意味があるのに」
ポーロは答える。「石なしではアーチはできないからです。」
(見えない街 イタルカルビーノ)
ネッソ村には、ローマ時代と言われているチベラ橋が架かっている。
d0104210_2171937.jpg

古い絵葉書には1907年6月30日の日付がある。
[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-13 01:19 | Comments(0)
2009 08 12
午前三時、湖は寝静まっている。家の前に係留しているヨットのワイヤーがカチカチとマストに当たる音だけがする。デジカメで夜景は無理と思っていたが、意外や撮る事ができることを発見した。普段使っているカメラは、リコーのDIGITALII。写真は30秒の露出で、夜も写しこむことができた。確かにこのカメラ、ファンが多いようだが、いつでも持ち歩ける手軽さと写真の質を兼ね備えたカメラで愛着がわいてくる。
d0104210_21374655.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-08-11 21:38 | Comments(0)