コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
2009 09 26
事務所の鉢植えの石榴が初めて真っ赤な実をつけた。
d0104210_21345839.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-09-26 21:35 | Comments(0)
2009 09 23
d0104210_16474063.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-09-23 16:41 | Comments(0)
2009 09 21
日本では余り見かけない魚獲りの網だ。コマッキオの周りの水路や汽水湖では、大きな網をウィンチで上げ下げして魚をとる。
d0104210_20415090.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-09-22 01:28 | Comments(0)
2009 09 21
裏山を散歩していると野生の秋クロッカスが木漏れ日に照らされて咲いている。
d0104210_1991782.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-09-21 19:09 | 自然・natura | Comments(0)
2009 09 18
お向かいさん、バルコニー一杯に、冬物を出して日陰干し。もうオーバーが欲しい季節がすぐやってくる。
d0104210_1552197.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-09-18 22:58 | 生活・vita | Comments(0)
2009 09 17
今回の小旅行は、ラベンナ、コマッキオ、キオッジャとデルタ地帯を訪ねることだった。最初に行った街はラベンナ。この街は東ローマ帝国の総督府が置かれていた。ビザンチン様式のサンビターレ教会のモザイクは世界でも最も美しい、完成度の高いもののひとつだ。薄暗い堂内の内陣は眩しいほどの金色の鮮やかなモザイクで飾られているが、ドアの隙間から入る光に照らされた足元のモザイクも。
d0104210_2185242.jpg

d0104210_2103031.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-09-18 02:10 | Comments(2)
2009 09 17
巨大な汽水域が広がる。天気が悪かったこともあるが、灰色の空と水の色の限りないひろがりがとても綺麗だ。干潟には、白い鳥の群れが休んでいる。
d0104210_1561724.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-09-18 01:56 | Comments(0)
2009 09 17
水の都ベネチアは有名だが、ポー河、アーディジェ河などがアドリア海に流れ込むこの巨大なデルタ地帯には、他にも綺麗な町がいくつかある。何故か訪れる機会のなかったコマッキオを訪ねた。コマッキオはウナギで有名だ。宿泊したB&Bの若い主人は、日本語のウナギを知っていた。浜松に日本人の知人があるという。ここはベネチアと違ってとてもマイナーな観光地だが、落ち着いた運河の街の雰囲気を満喫することができる。
d0104210_1451397.jpg

ともかく、あまり他の街では食べる機会のない、ウナギを食べようということで、ウナギのから揚げ。やはり日本のウナ重に軍配をあげよう。山椒をもっていけば良かった。
d0104210_150228.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-09-18 01:45 | Comments(0)
2009 09 10
イタリアでは、新学期は9月から始まる。新学期に備えてという訳でもないが、事務所の掃除をしていて家具の陰に「壁画」があるのを思い出した。随分昔、この数百年前のボロ家を購入し、修復工事をすると壁のペンキの下から壁画が出てきた。余りに状態が悪くその絵が何か良く分からないが、おそらくコモ湖の風景画か。山高帽にたすき掛けの雑嚢、これは猟師か、釣り人か、兵隊か、、。
d0104210_102819.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-09-11 01:00 | 生活・vita | Comments(0)
2009 09 07
d0104210_1361886.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2009-09-08 01:36 | Comments(0)