コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2010 01 30
夕方久し振りに空が晴れ上がる。外はすでにほとんど暗闇。リコーのGRII、60秒の露光で星と雲まで写しこむ。
d0104210_7202561.jpg
一夜明け、る前の朝。まだ外はほとんど暗闇。強い風が空を一掃、湖面に映る満月の月明かりが眩しい。F2.4、4秒.
月の右には明けの明星、金星も見えている。
d0104210_13543273.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-31 07:21 | Comments(0)
2010 01 29
d0104210_3554242.jpg

寒い毎日が続く今年の冬。朝、まだ薄暗いうちに、こうしてよく鳥の群れが湖面にそって群れを作って飛んでいく姿を見かける。湖北に向かって飛んでいくこの鳥たちはどこに行くのか。
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-30 03:55 | Comments(0)
2010 01 27
d0104210_5581925.jpg
京都、金地院の鶴亀の庭。こんなに日本的な建築にもこんなにも西洋的な透視画的な視点がある。
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-28 05:58 | 建築・architettura | Comments(0)
2010 01 25
こうも、露骨に「朝日新聞」と「読売新聞」の役割が入れ替わってしまうと何だか滑稽な感じすらする。反自民党の朝日新聞は、つい数ヶ月前まで、政府を叩き続けていたのが、その十八番を今は読売新聞が演じている。中立な報道、などというものは有り得ないことは百も承知だが、あまりの長い自民党政権に、日本のジャーナリズムの流すニュースは、あたかもそれが「客観的」と受け止めることにならされてしまっていた。ここまで露骨に、論調が180度展開してしまうと、報道が如何に「主観的」であるかということを思い知らされる。「感情的」な政府叩きと思えた子供っぽい朝日新聞というイメージはどこかに消えて妙に大人になってしまい、こんどは読売新聞が子供っぽい論調にと鞍替えした。http://www.youtube.com/watch?v=unqJcEoEmBA&feature=related
とはいえ、政治と金は表裏一体などという前近代的な固定観念、あきらめは捨てて、利権配分のメカニズムではない、簡単に古い言葉で言えば「清く、正しい」、政治イメージを作らないといけない時代になっているということだろう。不思議と、ヨーロッパの中ではイタリアだけが、日本と同じ前近代的な政治観念をもっているようだ。検察とベルルスコーニ首相との対峙は全く小沢と検察の対峙に対応する。奥さんに逃げられたり、ミラノ教会の石膏模型を投げつけられ大怪我したにも関わらず、いつも明るい、冗談を飛ばすベルルスコーニ首相が、憲法裁判所の判決に異議を申し立て、司法の上を行こうという姿は、少し恐ろしくもある。
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-27 03:45 | Comments(0)
2010 01 25
夜、カメラを窓台の上において180秒露光する。ここ数日、天気が悪く外に出るとしっとりした冷たい空気が身にまとわりつく。ヨーロッパの冬だ。シャッターが切れるとカメラがびっくりするほど冷たくなっている。今年は異常に寒いのか。事務所で働く女の子は、朝、歩道にはった氷に気づかず転んだと、お尻を一日中、さすっていた。
Alla sera, ho fatto uno scatto fotografico di 180 secondi dal davanzale della finestra. In questi giorni il tempo non è il massimo, quando esco di casa l'aria umida e fredda penetra nelle ossa. Dopo 180secondi, anche la macchina fotografica era ghiacciata. Infatti una ragazza dello studio, alla mattina è scivolata sul ghiaccio del suo vialetto di casa, e tutto il giorno si è massaggiata il suo fianco.
d0104210_7303483.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-26 07:30 | Comments(0)
2010 01 25
d0104210_23301066.jpg
葛西臨海水族館淡水館の亀。水槽のガラスに向かってもがくように手足を掻いていたのが印象的だ。イタリア語に、「ガラスを攀じ登ろうとする」という表現がある。所詮無理な言い訳を言い張るという意味で、要するにガラスを攀じ登るなどということは無理なことで滑稽だというわけだ。ところがどうも、このガラスを攀じ登ってしまうのが、政治家のようだ。
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-25 23:30 | Comments(0)
2010 01 24
日曜の午後のベラッジョの散策、いつも歩いている歩道、綺麗な舗装に気づく。セメント製、20センチほどの六角形がフィッシャーの騙し絵のように、ひし形の面で構成される立方体になっていて、ひし形の対角線が三角形を作っている。六角形、菱形、立方体、三角形が重ねられている。
Come sempre, una passeggiata della domenica pomeriggio a Bellagio. Scopro sul solito marciapiede una bella pavimentazione. Sono piastrelle esagonali di cemento, circa 20cm. come i disegni di Fischer, una piastrella presenta un cubo tridimensionale composto dai tre rombi, e le diagonali di rombo costruiscono il triangolo. Ci sono un esagono, tre rombi, un cubo ed un triangolo sovrapposti in una piastrella.
d0104210_513318.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-25 05:06 | 建築・architettura | Comments(0)
2010 01 24
d0104210_4564635.jpg
湖畔から国道までの364段の階段を上る途中に、「水」がある。
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-25 04:58 | Comments(0)
2010 01 19
日曜日の午後、時間を持て余すとよくふらっとベラッジョに散歩にでかける。石段の坂道を降りて行くと、鍛鉄の綺麗な門扉が目に入り、その向こうの壁は、過去の断片で埋め尽くされていた。いくらイタリアでも、これがローマ時代の大理石の彫刻の断片だとは思えない。とはいえ丹精なローマ時代風な顔立ち、どう見ても故意に破壊された肖像のリリーフ、綺麗な曲線で描かれた犬の紋章、コーニス、キャピタルなどの建築装飾の断片。おそらく少なくとも2,300年は経ったしろものだ。Domenica pomeriggio, quando ho tempo libero, ogni tanto vado a fare una passeggiata a Bellagio. Scendendo dalla scalinata di pietra, trovo un bel cancello di ferro battuto. Oltre il cancello, vedo un muro decorato da frammenti del passato. Anche se qui siamo in Italia, non credo che siano pezzi romani. Tuttavia sono riproduzione fedeli di teste, stemmi, e decorazioni architettoniche.
d0104210_362797.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-20 03:06 | 生活・vita | Comments(0)
2010 01 19
ここには、20年ほど前のジュゼッペのもうひとつの作品がある。
d0104210_2502170.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-01-20 02:50 | Comments(0)