コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
2010 08 29
仕事を終え曲がりくねった湖沿いの道を車で飛ばし、長い長い階段を歩いて下りてくると、家の手前で誰かが呼んでいる。あまり聞きなれない女性の声が確かに自分のことを呼んでいる。振り向くと、急いで駆け下りてきた近所の弁護士の奥さんだ。「弁護士」とあえて書くのは、どうもあまり聞きなれない名前で、なかなか覚えられないのでアッボカート、弁護士さんと呼んでいたからだ。確かコルビさんと言ったか。もう杖をつかずには歩けないほどのかなり老齢だったコルビさんは、残念ながら今年の春、湖の対岸からサイレンを鳴らしてやって来た救急ボートに運ばれたまま、このネッソ村には戻らなかった。コルビさんには、以前家に招待されたり、道で建築のことや政治のことを立ち話したりした。その弁護士、コルビさんの奥さんが、自分を呼び止めた。
それは「本」のためだった。コルビさんの家には大きな書斎がある。50平米もあろうか屋根裏まで吹き抜けた天井高が4、5mの大きな書斎、ほとんど図書館と呼んで良いほどの書斎がある。大きな暖炉の脇には、安楽椅子が置いてあり、コルビさんは冬は、ここで暖炉の火を見ながら、本の壁に囲まれて、ページをめくっていたのだろうか。コルビさんは体が小さいのに結構気性の激しい人だった。時々、大きな怒鳴り声が家から聞こえてきたりした。いつか一緒に食事をした時には、イギリスのエリザベス女王の弁護士となったご子息と、もう絶縁が10年以上も続いている、そろそろ縁りを戻してはと、友人に言われていた。コルビさんのテラスには平和主義者を声高に主張する、ピースと書いた七色の旗が翻っていた。ある時には広島原爆の本を、読んでみろと書棚から引っ張りだしてきた。
そんなコルビさんの大きな図書館を、コルビさんの奥さんは今、持て余している。階段を300段も歩いて上がらないと車の通る国道まで上がることの出来ない、この図書館の本を前に、一人暮らしになってしまった彼女は、途方にくれてしまっている。
舞台美術をしていたモスクワ生まれの、コルビさんとは親子ほど歳の差のあるスラリとした綺麗な奥さん、余り親しく話したこともないけれども、こんな田舎の村には、本に関心のある知人もあまりいないのだろう。そこで、建築や都市に関する本を、他にもどんな本でも良いから、出来たら引き取ってもらえないかと、好きなだけもっていってくれないかと言う、そのために呼び止められたというわけだ。
書斎を訪れてみると、その充実ぶりには 改めて感心させられた。本が好きだった自分にとっては、宝の山に入ったようなものだ。後日、改めてゆっくり拝見するということでお暇したが、この一冊だけはまずは手付けにと頂いてしまった。
ここはイタリア合理主義建築発祥の地。ジュゼッペテラーニのノボコムムを放っておくわけにはいかない。家に持ち帰り本を開くと、マメなコルビ弁護士がはさみ込んだ20年前の新聞記事の二つの切り抜きが出てきた。

d0104210_1233384.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-08-30 14:20 | Comments(0)
2010 08 29
こんな大きな丸は見たことがない。ふと気がつくと、太陽から大きな丸が大空に描かれている。飛行機雲でもないし、虹でもない。一体なんだろう。
d0104210_2565848.jpg
d0104210_371872.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-08-30 02:49 | Comments(0)
2010 08 28
8月28日、21時、つい先日まで西日のさすバルコニーで夕飯ができたのに、外はもう暗くなっている。山上の灯りのともる村はピグラ、湖畔の町はアルジェーノ、稜線の向こう側はスイス。アルジェーノからスイスに抜けていく谷はインテルビ谷という。季節の変わり目には、スイスの高い山からそのインテルビ谷を通して、夕方強い風がコモ湖にと吹き抜けてくる。町のあかりが輝きどこまでも澄み渡る大気と、強い風に翻弄され光を照らす湖面の対比がとても綺麗だ。
d0104210_4274342.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-08-29 04:27 | Comments(0)
2010 08 20
もうジャズなんて昔の音楽と思っていると、モントルーのジャズフェスティバルのクインシージョーンズのステージに突然現れた16歳のニッキーヤノフスキーという少女が、エラフィッツジェラルドのメロディーを突き抜けるような豊かで迫力ある声で、まさに歌い上げる。
線香くさいお寺なんて、と思っていると「月読寺」というヴァーチャルマネーの通用するカフェのある、ネット寺にであったりする。
時間がたてば世の中はどんどん移り変わり、新しい世代へと取って変わっていくのは当たり前だが、自分の親しんだ世界が、新しい形をとって、今の時代にも受け継がれていることを見ると、うれしくなる。それにしても16歳のニッキーの正統派ジャズの歌声には脱帽。http://www.youtube.com/watch?v=PUKMki2O2zs&feature=related
d0104210_22515589.gif
d0104210_22521086.gif


[PR]
by kimiyasu-k | 2010-08-21 22:54 | Comments(1)
2010 08 15
お盆、イタリアはフェッラゴスト、マリア昇天記念日で祭日だ。お昼に部屋の中の温度が18度、外は雨、雨。大きな湖面が、雨粒で満たされいて、ここまでくると気持ちが良い。
d0104210_2431080.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-08-17 02:44 | Comments(0)
2010 08 14
これはどう見ても8月14日のイタリアの空には見えない。今年の夏は、本当に肩透かしをくらった感じだ。「肩透かしをくらう」と書いて、こんな日本語があっただろうかと思う。普段イタリア語で生活していると、自然と頭に浮かぶがどうも違和感を感じる言葉がある。「肩が透ける」、「喰らう」というのはどこかおかしい。辞書を調べてみると相撲の技で「肩透かし」というのがあり、その技をかけられるので、肩透かしを喰らう、というわけかと、納得。
d0104210_1454526.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-08-14 14:54 | Comments(0)
2010 08 08
どうして、左から三人とも揃いも揃って日光浴をしながら足を組んでいるのだろう、などと思って写真を撮った訳ではないが、今年はまだ一度もカレーノ村のお気に入り水浴場に行っていないことに気づき、ようやく天気の良い日曜日の昼、生ハムのパニーニをもって出かけた。
d0104210_2461572.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-08-09 02:46 | Comments(0)
2010 08 07
8月第一週の土日は、ネッソ村のお祭り、村の守護聖人サンロレンツォのお祭りの日だ。人口僅か1200人のネッソ村なので縁日が出る訳でもないが、広場ではイタリアソーセージ、サルシッチャのパニーニか何かの屋台が出るようだ。もちろん、サンロレンツォ教会では、特別のミサが行われるが。とはいえメインは何といっても花火大会。夜10時過ぎ、村の船着場から、キアッタと呼ばれる大きな荷物運搬用の平舟が出て、花火を打ち上げる。家のバルコニーのすぐ目の前で打ち上げていた花火だが、一昨年から対岸のブレビオ村との共同イベントということで、残念ながら船は湖のど真ん中まで出てしまい、頭上の巨大な火の玉は味わえなくなってしまった。
d0104210_14155255.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-08-08 14:15 | Comments(0)
2010 08 03
サウナのような日本からイタリアに戻ると、異常に涼しい。今年のイタリアは例年よりはるかに過ごし易い。空の雲も何故かすでに秋のような表情を見せている。夕方、コモ湖畔の曲がりくねった道を車で走っていると突然、山影から不思議な雲が目に飛び込んできた。上空の大きな雲は真っ白に光り輝き、手に届きそうな雲は夕焼けに赤く染まっている。
d0104210_4341861.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-08-04 06:01 | Comments(2)
2010 08 03
豚の香取線香、空色の蚊帳(かや)、絶え間ない蝉の鳴き声、近くのお菓子屋さんが出前してくれるかき氷、冷たく冷やした冷たい麦茶、30分ごとある休憩の時間に水で書いて三目並べをして遊んだプールサイド、結局最後の三日でやっつけるいつも気になる夏休みの友、と自由研究の宿題。久しぶりに帰郷して、床の間のある八畳間に布団を敷いて夏蒲団を掛けて寝ると、こうして60年前に作られた欄間が目に入る。裏庭にあった桐の木にとまっていた蝉が、今は一体どこにいるのか、50年前と全く同じように朝5時からなき続けている。取れるのは茶色い油ぜみばかりで、羽の透明な凛々しいヒグラシは宝物のようだった。
d0104210_1219203.jpg

昭和20年台、親父の作った家は一階が六畳と四畳半、二階が八畳と六畳、通り土間のある間口二間半の典型的な町屋だった。戦後もひと段落ついて家にもお金をかける余裕が出来始めた時代だったのだろうか、二階の八畳、六畳には南画風の欄間と立派な鴨居が回っていた。20年前、事情があって取り壊すことになった家だが、二階だけでも何とか保存したいと思い、解体し平屋の二間の離れとして作り直した。それは当時ミラノの建築家アルドロッシの書いた「建築と都市」の中で、建築の本質のひとつが「記憶」であることを指摘していたことに痛く感心したためだ。建築が言ってみればコンピューターのハードディスクと同じようにメモリー機能を備えた、むしろ何かを記憶させることによって単なる住む装置としての家から、本当の建築になるということだ。もちろんアルドロッシはそれを都市・コレクティブな記憶と言うレベルで建築デザインの「機会」としていったのだが。ほとんど私小説的な記憶にしか過ぎない「欄間」も、おそらくこの時代を生きた人にとってはどこかに掛かるものがあるのかもしれない。それにしても、同じように長い歴史をもちながら2000年に渡る記憶の集積である都市で埋められたイタリアと住宅の平均寿命が20年という今の日本という文化的領土の違いには唖然とさせられる。
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-08-03 12:19 | Comments(0)