コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2010年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
2010 12 29
d0104210_6274271.jpg日本人がイタリアで暮らすには、滞在許可証 PERMESSO DI SOGGIORNO が必要だ。これは、警察の移民局が窓口となって発行される。北アフリカや、東ヨーロッパからの移民、不法移民が絶えないイタリアでは、この滞在許可証の取得は非常に、というか異常に手間のかかるものだ。そして、二年に一度、書き換えないといけない。イタリアのような、公共業務が「いい加減」で極めて「不効率」な国では何がおきるか。私の滞在許可証は2008年の2月に、期限が切れたためにその一月前に様々な書類を揃えて、申請をした。どんなに日本が経済大国、先進諸国に名を連ねていても、移民局の前では、不法に入国した黒人たちや、かなりガラの悪い東ヨーロッパの人たちと当然、同等に扱われる。ここで長い行列を作らないといけない。
2008年の1月から待ちに待った、遥か3年後の先日、ようやくこの滞在許可証ができたようなので、受け取りに行く。この三年間は、滞在許可証無しに過ごしてきたわけだ。受け取りに行き、指紋の照合をすると、何故か自分のものと一致しない。「翌日の朝、別の機械でしてみるからもう一度、出頭せよ」と言われる。よく朝もう一度、行列を作って窓口に行き、指紋の照合をするが、やはり駄目だ。よく見ると、滞在許可証にはフィリピン人の知らない人の写真が貼られている。「こりゃ、気が付かなかった、ローマの中央のほうで、間違えたからもう一度やり直さないといけない。あと一月もしたら、きっとできるから、一月後に取りに来い」という。
正式な滞在許可証も無しに三年も暮らし、いつ発行されるかも分からない許可証を待ち続けるのは、あまりいい気持ちじゃない。外国暮らしに付きものの税金だと思って我慢するしかないが、何かと規則正しく、物事がキチンとすることに慣れている日本人にとっては、精神的にも結構、負担になる。
日本人がイタリアで暮らすには、相当「いい加減な人間」じゃないと勤まらない。ということは、自分もかなりいい加減な人間ということだ。とは言え、日本人のようにある意味で優雅な移民と違って、本当に命をかけてゴムボートで地中海を渡り不法移民してきたアルバニア人やアフリカ人にとっては、この滞在許可証は文字通り命と引き換えに手に入れるものであることを思うと、何とも複雑な気持ちにさせられる。(写真の美しいお姉さんは本人とは全くの無関係です。)
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-12-30 06:37 | 生活・vita | Comments(0)
2010 12 29 COMO
d0104210_2216381.jpg

朝、車で事務所のあるコモの街にはいるには、湖沿いの国道を降りて行く。この季節は、霞の中にコモのドゥオモ、司教座教会堂のクーポラが浮かびあがり目に飛び込む。このクーポラは1700年代、トリノで活躍したバロックの建築家、ユバラの手になるもので、文字通り街のシンボルとなっている。
自分の生まれ育った静岡の市庁舎には、何故かこのコモのドゥオモのクーポラに酷似したクーポラがあり街のシンボルとなっている。社会見学と、小学校のときにこのクーポラに登って街を見下ろしたのを今でも覚えている。
E.スミスは「建築のシンボリズム」の中で、クーポラという建築形態が、世界を表現するシンボルとして帝政ローマ、中世において展開していくことを丹念に追っている。 
1962年、吉永小百合主演の「キューポラのある街」という映画がでた。キューポラはイタリア語でクーポラ、だが、この映画は、川口市を舞台として鋳物工場の溶解炉キューポラが屋根から突き出し、街の景観を特徴づけていた、そこから生まれたタイトルだ。
当たり前のことだけど、建築には「形」があり、その形が例え構造的な合理性から生まれたもので、ある特殊な機能のために生まれたものであっても、一度「形」としてたち現れると、形そのものとして、人の心に刻み込まれ、それが時間とともに、個人の体験がコレクティブな意味を獲得していき、人々の間に共有される。都市の豊かさは、単に物理的なサービスの豊かさだけではいずだ。共有するべき都市の姿が、残念ながら日本の地方都市ではほとんど無くなってしまった。
毎朝、クーポラが突き出すコモの街のスカイラインを眺めて、街に入るのはほとんど「贅沢」と言ってもいいくらいだ。
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-12-29 22:16 | 建築・architettura | Comments(0)
2010 12 28 COMO
荒天が終わりようやく晴れたけど、日はすぐに暮れてしまう。日が傾きかけたころ街に出ると、カブール広場に設けられたクリスマス休暇の特設スケートリンクは子供と若い人でいっぱいだ。子供たちに混じって変なおじさんの姿も見える。黒いマントに包まれ、立派なひげを蓄えたおじさんは、革のかばんを覗かせて、なんかさまになってる。
d0104210_110100.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-12-29 01:01 | 生活・vita | Comments(0)
2010 12 26
日本で一年のうち一番大事な日が正月であるように、イタリアではクリスマスが、例えキリスト教徒でなくても一番大事な日だ。一日あけて今日26日は、サントステファノの祭日で、正月三賀日のようなイタリア二賀日が昨日、今日にあたる。相変わらず天気は荒れ模様。夕方強い風が収まり、空が開けて行った。
d0104210_234893.jpg

日本食が食べたいという友人にスモークサーモンの押し寿司と袱紗寿司のバリエーション、海老の入ったカネローニ寿司(シチリアのお菓子カネッローニから頂いた。)を作って持て成し、午後を過ごした。
d0104210_2131760.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-12-27 02:05 | 生活・vita | Comments(0)
2010 12 25
今日は、クリスマス。あいにくの荒天がずっと続いている。強い風と時々ぱらつく雨。谷から吹き降ろす風がビュービュー音をたてている。もっとも今日は一日どの家も家族・親戚が集まりクリスマス・ランチ・ディナーと一日中食べ続ける。一週間ほど前に帰国したとき買ってきた新しいカメラSIGMA DP2の出番がない。いつもと同じバルコニーから北に向いた一枚シャッターを切った。
d0104210_20354193.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-12-25 20:37 | Comments(0)
2010 12 22
カッツォーラ、カッスウラなどという。キャベツと豚の皮、コテンナ、鼻、耳、足などの肉をキャベツが解けるほど唯、煮る。これでは美味しいわけは無いのだが、何故かこれがこの地方の名物料理だ。若い人たちは、顔をしかめることもしばしばだが、キャベツの出る季節になると、どこの家も年中行事のように人を招待してこの料理とは呼べないような代物を食べる。おそらく貧しかった時代、農家は肉を食べるということ自体がご馳走だったのだろう。小作農が集まり住んだカシーナという農業共同体で豚を〆るこの季節、くず肉をキャベツとともに大なべで時間を掛けて煮て、みんなで集まり食したのだろう。
d0104210_65823.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-12-23 06:58 | Comments(0)
2010 12 20
d0104210_654268.jpg

残すところもあと4日、でクリスマス。今年は建物の壁にライティングで星や雪、サンタクロースを映し出すのが、新しい。
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-12-22 06:07 | Comments(0)
2010 12 19 SHIZUOKA
「ゆずりあい、旅を楽しく明るい車内」、ちょっと甘くておいしい鯛めし。静岡に帰郷し、スーパーマーケットに寿司を買いにいくと、昔懐かしい駅弁が売っていた。正統派、幕の内駅弁のおいしい東海軒は、鯛のそぼろの鯛めしもおいしい。40年前、静岡から東京に行くのは半日がかりの仕事で、駅で素焼きの小さな土瓶に入ったお茶と東海軒の幕の内弁当を買って鈍行列車に乗り込み、東京に着いたのは一体何時だったのだろうか。
d0104210_20542451.jpg
d0104210_2122381.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-12-19 20:54 | Comments(0)
2010 12 09
at the airport・パレルモの飛行場にて
飛行場の搭乗ロビーで、夜の便を待つふたり。どこか深刻な表情で、こんな季節のこんな時間にシチリアのパレルモからミラノへ空席の目立つ便を待つのは、何か深い事情があるのかもしれない。マルペンサの飛行場に着くのはもう夜中になる。着いた途端、足早に深い霧の中に消えていく二人の姿が目に浮かぶ。
d0104210_2131812.jpg

というわけではなく、大きなガラス窓に向かって自分の写真を一枚。。隣の女性は、背合わせベンチの向う側に座っているだけで、全く見ず知らずの人。ああ、飛行機を待つ時間というのは、本当に退屈だ。少ない手持ちの道具で何か遊びを発明して時間を過ごすしかない。
[PR]
by kimiyasu-k | 2010-12-10 21:03 | Comments(0)
2010 12 08
今日は、「聖母受胎」でイタリアは祭日。ここのところこんな調子の天気が続いている。これではどこかに出掛ける気も失せてしまう。
d0104210_0441756.jpg
d0104210_2332692.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2010-12-08 23:32 | Comments(0)