コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2011 01 14 NESSO
今朝、9時半のコモ湖。
d0104210_2073614.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-01-16 20:07 | Comments(0)
2011 01 13 NESSO
d0104210_339317.jpg
月と雲と星。夜、仕事からもどり家の門扉を開ける前に空を見上げるとぽっかりと雲が月明かりに照らしだされている。今日は空も澄んで、星も見える。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-01-14 03:38 | Comments(0)
2010 01 11
d0104210_15155662.jpg

京風どら焼き、博多のポッポ、浅草くずきりまんじゅう、北海道は、、、。日本から来たお客様に頂いた日本全国丸ごとお菓子の詰め合わせ。お菓子そのものはもちろん日本的だけど、一箱に日本を全ていれてしまうという発想がとてもジャパネスクで、心うきうき、ついつい食べ過ぎてしまう。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-01-12 15:16 | Comments(0)
2011 01 06 NESSO
d0104210_1342149.jpg

ELENA CON CUFFIA 水泳帽子をかぶったエレナ GIUSEPPE BERGOMI



写真のこと。このジュゼッペの黒いブロンズの彫刻の写真は何度挑戦してもうまく撮れなかった。ようやく何とか納得できる写真が撮れた。こうして撮れて見れば簡単な話だが、彫刻を浮き立たせるために背景をぼかすこと、彫刻の頭部にピントをしっかりと合わせて明快な画像とすること、もうひとつは光の位置を正しくすることだ。この写真では背中の背後にある窓からの比較的強い側光と正面に写しこんだ窓からの弱い逆光の二方向からの光が彫刻を浮かび上がらせている。ちょうど天気が悪く光が柔らかなことも重要で、黒い彫刻は、強い光の下ではコントラストが強くイメージが強烈になりすぎる。もちろんこの写真は、シグマのDP2でRAWファイルで撮影したもので、コンピューターで現像している。その際に、コントラスト、フィルライト、露出などを様々試し、黒い彫刻の体にあたる光の量と、明暗の配分を調整して、彫刻のもつ塑像性を最大に表現できるようにした。正面の窓からの逆光を利用することで顔の輪郭、胸の膨らみが光の線で表現されていて、これは偶然見つけ出したライティングだ。それにしても、シグマのPD1、PD2はピントはなかなか合わないし、使いにくいし、RAWで撮影しないと全くどうしようもない写真しかとれないが、本当に面白いカメラだ。このカメラに興味のあるひとは、シグマのアートディレクターをしているFUKUI SHINZOさんのブログを読むと面白い。
そして何より写真に大事なことは、写すものが好きであるということ。どこか遠くを見つめているような、このエレナの彫刻が好きだ。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-01-07 01:34 | 生活・vita | Comments(0)
2011 01 02 NESSO
正月2日、寒いし、車の止めてある国道まで出るには階段を364段登らないといけないので外に出るのも気がひける。久しぶりに家でのんびりするのも悪くない。とはいえ、何かをしないと間がもたない。久しぶりにパンを焼こう。大晦日にスーパーで見つけて衝動買いした電気オーブンも試してみたい。というわけで、食料棚の奥からシチリアの絵のついた袋に入った強力粉を引っ張り出してきた。このシチリアの黄色い強力粉で作るパンはおいしい。数年前、もう10年も経ってしまったか薪の釜で焼いたシチリアパンをシチリアはトラパニ人のピエトロがよく持ってきて食べさせたくれた。それ以来、パンはシチリアに限ると、所用でシチリアに行くとかならず大きなバック一杯にパンを買い込んできた。新しいオーブンで一体どんなパンが焼けることやら。パンは小麦粉と練り方が決めて。昔齧った陶芸の粘土の練り方、菊練の要領で、一生懸命粉を練る。手が疲れて来るころ、何とも言えない粘りというか、粉が独特の感触になってくる。あとは、暖房のラジエターの上で発酵、練り、発酵、練りを繰り返し、220度のオーブンで20分。焼き加減を見てあと180度で15分。いい感じに焦げている。オーブンから出して、布に包んで1時間も寝かす。正真正銘のシチリアのもっちりとしたおいしいパンが出来上がった。大満足。パンはそんなに好きじゃないのにこのシチリアのパンだけは、片口鰯のオイル漬け、アンチョビーを乗せて食べ始めると止まらない。
d0104210_5585163.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-01-03 06:03 | 食・mangiare | Comments(0)
2011 01 01 NESSO
この小説、かなり面白いです。まだ利休について小説を書くなんて、と思ったけど読むとへえ、お茶ってこういうことかと、改めて納得させらる。もちろん学術書でもなんでもない、ある意味では純愛娯楽歴史小説だけど、筆者の山本兼一氏の美学に対する深い理解には感心させられる。
d0104210_3463981.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-01-02 03:54 | 生活・vita | Comments(0)
2011 01 01 COMO
あけましておめでとうございます。8時間遅れのイタリアの初日の出。初詣はできないので、毎年、裏山のソルマーノ峠に初日の出を拝みに行く。こんなに晴れ渡った空に初日の出にお目にかかるのは初めてだ。今年は何かいいことが。
d0104210_171549.jpg
d0104210_411651.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-01-01 17:05 | 生活・vita | Comments(0)