コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2011 02 13 BELLAGIO
1963年6月30日、ケネディはコモ湖のベラッジョに来る。熱狂をもってベラッジョ村の人々が歓迎した。ベラッジョには、ロックフェラー財団の所有する施設がありケネディは半分お忍びでベラッジョに来たという。そのベラッジョに行くと、バス停の傍らにランフランコーニさんが撮ったベラッジョを訪れた有名人の写真がガラスケースの中に飾られている。その5ヵ月後、11月22日ダラスでケネディは暗殺される。
d0104210_2584694.jpg

まだ観光季節の始まっていないベラッジョは店もホテルもほとんど閉まって観光船も就航していない。真っ白な湖水に人影も見当たらない三番船着場の桟橋が延びている。
d0104210_2374315.jpg

ベラッジョのはずれの村を歩くと、綺麗なオリーブの畑があり、その木の下に羊のむれが長閑に草を反芻している。
d0104210_3234217.jpg

長閑と思うと、やっぱり中には変わった奴がいて、えいやっと二本足で立って垂れ下がるオリーブの枝をむさぼり食らった。
d0104210_3515968.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-02-14 02:40 | Comments(0)
2011 02 13 NESSO
1800年代の図鑑、図版374に描かれた二匹の魚。BOLDRO' COMUNE とCHIRONETTE SPINOSO、調べてみたけど今ではこんな呼び方はされていないが、きっと鮟鱇とハリセンボン。1800年代、人にとって鮟鱇とハリセンボンはこんなに人情のこもった愛嬌のある魚達だったことを思うと科学が進んだおかげで今はずいぶん世界が無味乾燥になってしまったものだ。この鮟鱇とハリセンボン、まだ目が光り輝いて生き生きしている。
街の古版画屋さんで見つけて買った図版の一枚だが、どうも調べたところ1834年にフィレンツェで出版された自然科学辞典の第六巻の中の図版のようだ。フランス語で鮟鱇はbaudroie commune、この辞典がフランス語からの翻訳であることから推測するにフランス語のbaudroieがイタリア語の音に置き換わりBOLDRO'となったのか。ちなみに現在イタリア語で鮟鱇のことはCODA DI ROSPOという名前で呼ばれている。「ヒキガエルの尻尾」という意味だがヒキガエルに尻尾は無いはずだが一体どうなっているのか。
d0104210_18391280.jpg
d0104210_1838552.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-02-13 18:39 | Comments(0)
2011 02 13 NESSO
ベットから抜け出すと外は真っ白。気温も上がってきたコモ湖はこれから靄のかかる春に向かって行く。対岸のブリエンノ村が白い霞の中に僅かに見える。いつものカル鴨が家の前をヴェヴェと鳴きながら横切って行く。
d0104210_17521122.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-02-13 17:52 | Comments(0)
2011 02 12
そうか「シナモンのスティック」という意味なのか。ポルトガル語のpau de canelaというのは。三年も経ってから、レストランの名前の意味を調べる気になってようやく納得した。そういえばポルトガルの喫茶店はどこでもコーヒーにはシナモンスティックが付いてきた。リスボンまで行きが0ユーロ、ポルトからの帰りが9ユーロという航空チケットを見つけて事務所まるごとポルトガルに初めて行ったのはもう三年前だ。ポルトの街で昼食に入ったpau de canelaというレストランで食べたのがこの蛸足の丸焼き。おいしい、おいしいと大きな蛸の足を丸ごと食べたのをふと思い出し、家でつくることにした。生の蛸はどんなに火を通しても硬くて食べられない。冷凍蛸を、1,2時間茹でて、柔らかくなったところをオリーブオイルをまぶしてオーブンに入れて焼く。蛸足の表面が乾き少し揚げたようになると、ほかほかの白い身がたまらなく美味しい。
d0104210_1361154.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-02-13 01:36 | 食・mangiare | Comments(1)
2011 02 03 TOKYO
ミラノ・マルペンサ空港を14.35分に発つAZ786便は、乗って2時間ほどで食事が供されしばらくすると日が傾きだし暗くなる頃にはシベリアの上空に居る。機外の温度は氷点下50度を超えている。一体気温のためか、単に標高10000メートルを超える高さのためか、飛行機の窓からみる「色」はどこか常軌を逸していて、ただただ感動的だ。
赤トカゲという間口一間しかない桜新町の中華料理屋さんに坦坦麵を食べに行く。濃くのあるゴマ味の強い汁にシャキッとした麵がたまらなくおいしい。トタンのかわら棒葺きの歪んだ屋根の、しもた屋風の松田畳店が道の反対側にまるで50年ほど前の姿のまま建っている。
渋谷の24階の和風レストランで夕方7時に待ち合わせ、慣れない渋谷駅を地下から出てくると、お馴染みの交差点は、信号が青になると人の波。
用賀のオフィスビル27階から下をみると、白黒写真の東京の街が広がっている。
d0104210_151958.jpg
d0104210_1515879.jpg
d0104210_1521863.jpg
d0104210_1513997.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-02-03 01:52 | Comments(0)