コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
2011 03 28 COMO
Buon giorno sig.kato come sta?
Mi dispiace molto per quel mostroso evento che e successo in giapponse. Non ci sono le parole per consolare o spiegare…..se vuole parlare con me, mi chiami. alessia

地震から数日して、アレッシアから携帯にメッセージが届いた。
「こんにちわ、KATOさん。元気ですか。
日本で起こった怪物のような出来事は、本当に残念です。
慰めの言葉も思いつきません。もし、何か話して気が静まるなら私に電話してください。アレッシア」

アレッシアは、ウクライナ人。ウクライナではソビエト崩壊ととともに、庶民にとっては生活するこがとても苦しくなってしまった。彼女は、子供を国に残して、イタリアに一時的な移民、出稼ぎにやってきた。彼女がチェルノブイルの近くに生まれ育ったかどうかは知らないが、1986年チェルノブイルが爆発し放射能がばら撒かれた時、アレッシアはおそらく小さな子供だったろう。チェルノブイルは日本からは遠いこともあって、悲惨な原発の写真や奇形で生まれた子供たちの写真をみても、どこか現実味のない、まるで映画のワンシーンを見ているようだった。こんな馬鹿なことは技術大国の日本で起こるはずがない、という考えてみればあまりに楽観的な思い込みがあった。そして一皮むいてみれば何ということはない、津波により14台の発電機が一台も動かないという、机上の計算では何十万分の一でしか起こりえないことが起きてしまっただけなのだ。もし、技術的に非常に難しい部分が地震によって壊れたのなら、これは技術を進歩させることで解決するのだが、発電機が回らないというのは、言ってみれば最も単純なトラブルで、そのトラブルが起きることが原発で解決できない問題なのだろう。だから、原発のもっている本質的な問題は、高度な技術的な問題でも独占企業、官僚、政治家という日本特有の社会構造でもない。ただ単に、何らかの理由で事故が起きてしまったときには、とてつもない、アレッシアの言う「怪物のような出来事」になってしまうということだ。どんなに安全を期して作っても技術や科学が所詮、人間の作ったものである以上、事故の確率を0とすることはできないのだから「事故がおこったとき」は有り得るのであって、チェルノブイルから25年、世界のどこかで25年に一度程度の確率で「怪物」が目を覚ます。
大人はもちろんだが、この地域に住んでいた子供たち、一体彼らたちの心にこの悪夢がどんな風に刻まれるかと思うと、こころが苦しくなる。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-03-29 01:49 | Comments(0)
2011 03 27 COLMO di SORMANO
今日から夏時間になった。一時間、ずれた。もう夜8時だというのに外にはまだ薄明かりがある。小雨の日曜日、昼食のあと昼寝をして目をさますと、車で裏山に向かった。霧と小雨の山道をどんどん上がり、ティバーノ平を通り過ぎ峠までたどり着いた。峠の牧草地には野生のクロッカスが雨に濡れて咲いている。雨の中のクロッカスは花びらをじっと閉じている。
d0104210_3749.jpg

d0104210_372737.jpg

d0104210_375980.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-03-28 03:08 | Comments(0)
2011 03 21 NESSO
d0104210_410980.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-03-22 04:10 | Comments(0)
2011 03 21
d0104210_23154043.jpg
d0104210_23151570.jpg

気の晴れない日曜日の午後、コモの山の上の村、ブルナーテに行くと、冬から春への兆しが目に留まる。
6月に結婚する事務所員は、結婚式の費用の一部を日本の震災者の方々に寄付するという。
震災被災者の方々にお見舞い申し上げます。また、原子力発電所が一刻も早く収拾へと向かうことを祈ります。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-03-21 23:20 | Comments(0)
2011 03 15
d0104210_6383312.gif

NEVER LET ME GO。3月9日、いつもの成田13:50アリタリアAZ787便でイタリアに戻って来た。行きの飛行機で見たい映画は見てしまい、あまり面白くもなさそうなnever let me goという映画を見出した。最初のシーンで、これは少し前に読み出して途中で投げ出してしまったカズオイシグロの「私を離さないで」を映画化したものであることに気が付いた。途中で投げ出してしまったものの粗筋は知っている。この小説は、気持ちの悪い、背筋に寒気の走る気持ちの悪い小説だ。種明かしになってしまうが、一見、純真な子供たちの育つ施設のシーンではじまる。ところがこの施設の子供たちは将来、大人になった時に、臓器提供者となるために作られたクローン人間なのだ。現実にはありえない世界、1970年台を設定したリアリズムの表現の中で描かれていく。ありえない世界、あってはいけない世界が、現実のイメージの上に重ねあわされる。人間の存在の根源に触れる何とも後味の悪い映画を見ると、飛行機は夕方のミラノマルペンサの飛行場に着陸し、電車を乗り継ぎ、車で家路にと急いだ。
その翌々日の朝、コンピューターをつけて大地震が起きたことを知った。それからもう5日経ったが、毎日、原子力発電所のニュースを固唾を呑んで見守っている。まるで狐につままれるかのように、政府、日本のマスコミは最悪のストーリー、炉心溶融と再臨界、について語ろうとしない。それは、ありえない世界、あってはいけない世界だが、今、起こるかもしれない。誰もそれについて語ろうとしない。
人が手にした技術の中で、使ってはいけない技術、人の力の向こう側にまで行ってしまった技術がおそらくふたつある。ひとつは、人間でない人間を作り出すクローンの技術。もうひとつは無数の人間を一瞬にして壊滅させる技術。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-03-16 04:01 | Comments(0)
2011 03 12
イタリアに戻り、翌日、日本で大地震が起きた。朝、インターネットを繋ぐと、丁度揺れが起きた直後で、まだその時は津波が大地を襲っていなかった。「津波警報10m」というニュースがでていた。津波が到来したあとの凄惨な状況を知らないまま、仕事をはじめると知人からイタリアの知人から電話があり、「大丈夫か、地震は?」というので「日本は地震になれているから大丈夫だよ」と答えてから、ニュースを見て驚いた。設計をしているとどうしても「地震=建物の耐震」と反応してしまうが、津波の被害はゆれによる建物の倒壊とはスケールが違う。
そして、地震から3日後の今日は、福島の原発の経過を刻一刻と追っていて、憂鬱になってしまう。気持ちを変えようと、まだ行ったことのない家から30KMほどのPEREGOペレーゴという村に行った。何か人が集まって騒いでいる。この村は今週がカーニバルのようだ。ユキンコなのだろうか、白いボンボンが縫い付けられた不思議な衣装を着た可愛い子がとびきり大きなお尻のお祖母さんに連れられて道を歩いている。この子が大きくなった時、地球が放射能で汚染されていたら、それは、エネルギーを使いたいだけ勝手に作り出して使った自分達の世代の責任で、地震・津波があったらからと言い訳しても許されることじゃない。
d0104210_17281660.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-03-13 17:28 | Comments(0)
2011 03 06 TOKYO
東京、用賀の高層ビル22階から、日の沈むTOKYO。昼間の景色は「東京」だけれど、夜は何故か巨大な「TOKYO」にと姿を変える。日が沈みかけた「東KYO」の街は、美しい。
d0104210_5101784.jpg
d0104210_4164018.jpg
d0104210_4153621.jpg
d0104210_415038.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-03-11 04:17 | Comments(0)
2011 03 06 TOKYO
d0104210_07328.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-03-07 00:07 | Comments(0)
2011 03 03 TOKYO
ケイタイ・ケイタイ・ぶんこ・メイソウ、翌日はメイソウ・メイソウ・メイソウ・メイソウ、明日はきっとメイソウ、ケイタイ・ブンコ・ブンコ。ツバメが電線に綺麗に等間隔で並んでいる姿を思い浮かべてしまう。
それにしても、どうしてニッポンジンは、いつも「下」を向いているのかと、思いきや、頭の飛び出たおじさんは「ガイジン」で日本で暮らすうちに下見さんになったのか。
沿線に立て込んだ家の軒が電車と触れてしまうんじゃないかと心配になるほどの東京の私鉄には、不思議な香りがあり、こうして急行の止まらない駅のホームに立つと、ああ、東京に居るんだと妙に納得する。
d0104210_7155419.jpg

d0104210_164995.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-03-04 07:15 | Comments(0)
2011 03 02 TOKYO
TOKYO-雨
d0104210_0174126.jpg
d0104210_0175041.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-03-02 00:17 | Comments(0)