コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2011年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧
2011 08 10
今年はまた特に暑くない夏なのだが、事務所にはクーラーが無い。今日は39%と湿度があまり高くないこともあって、どうしてもクーラーが無ければ夏が過ごせないというわけではない。それでも午後4時ごろになると、仕事の疲れと暑さに一服、カキ氷をしようということになる。イタリアのスーパーマーケットにはどこでもカキ氷に掛けるシロップが売っていて、オレンジ、はっか、オルツァータの三種類のシロップが必ず棚に並んでいる。事務所にもこの三つの味を取り揃えている。その中で、このオルツァータは日本ではお目にかかることがない。このオルツァータが極めて不思議な味がする。どこか、「化学」のような、それが美味しいのだが、変な味がする。オルツォは、麦のことで、麦から抽出したものかと思っていたが、調べてみると、どうやら学名「Styrax benzoin」という植物、これは日本語では、ツツジ目エゴノキ科エゴノキ属のアンソクコウノキという植物からの樹脂の抽出物らしい。それで納得。高校の有機化学で勉強した芳香族というのはベンゼン、この植物の学名にもbenzoinと名前が付いていて、ベンゼンの語源がこの植物にあったようだ。なんとなく化学のおいしい味と思っていたのが明日からは、気持ちよく安息香のおいしい味と思えるようになった。
d0104210_535165.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-08-11 05:42 | 生活・vita | Comments(0)
2011 08 06 NESSO
d0104210_19233122.jpg
ricoh GX200
今日は、ネッソ村の納涼花火大会。今年は、冷夏の上に今日も天気が愚図ついてどうも納涼という感じではない。それでもまだ明るい夜8時、知人3人が国道からの346段の階段を湖畔の我が家へと降りてやってきた。庭でするはずのバーベキューもこの天気ではいつ雨に降られるかもしれないと家の暖炉に火をつけて屋内バーベキューにと予定を変更。
怪しげな空が真っ暗になった夜10時。皆で豚のアバラ肉に噛み付いたところで、ドカンと大きな音がして、花火がはじまった。
d0104210_1113981.jpg
sigma DP2
d0104210_23512439.jpg
ricoh GX200
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-08-07 19:23 | 生活・vita | Comments(0)
2011 08 06 青森ーNESSO
青森県、十和田市の少し寂しい商店街、古着・骨董屋の軒先、埃にまみれた塗り物を見つけた。随分愛想の良い店の主人にいくらか尋ねると、タダだという。タダのものを買わないのは愚かと、タダで買ってきた。真っ赤な漆塗りの綺麗な器の中に「一久」と書かれている。どこかの高級な料亭で使われていた漆塗りのおひつだ。黒光りする蓋を開けると、真っ赤な内塗りに、真っ白なご飯が湯気を立てる、という日本料理の洗練した美学には感心する。イタリアにもってきて、畑でできた真っ赤なトマトを入れてもそれなりに様になるが、真っ白なご飯にはかなわない。
d0104210_15303292.jpg
sigma DP2
これはいくらと聞くと、こちらは500円と東北弁で言う。500円ということはタダということで、こちらも結局タダで買うことになった。そんなに古くはないと思うがこの縞模様の帯は色もデザインも全くモダンでイタリア人の色彩感覚にも十二分に説得力がある。日本でも地方都市にいくとこんなものがゴロゴロ転がっているのかと思いきや、この愛想の良い古着屋の主人は、東京でも手広く商売をしているという。どのくらい手広いのかは、いまひとつ分からないのだが。
d0104210_23442790.jpg
sigma DP2
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-08-06 15:30 | 生活・vita | Comments(0)
2011 08 05 PALERMO
d0104210_293730.jpg
sigma DP1
南イタリアはシシリー島、パレルモの街で見かけた普通の建物。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-08-06 02:09 | 建築・architettura | Comments(0)
2011 08 05 COMO
コモの街。いつもの骨董屋の前を通るとウィンドーに小さなこの油彩が飾られていた。無名ではないにしろ決して有名ではない画家の描いた1900年代はじめの「刺繍をする妻」の絵が目に止まった。逆光であまり良く見えない婦人のうしろからの横顔は、抽象画のように単純な筆致で描かれているが、何故か細密画のように、見えない顔の表情を捉えている。
d0104210_1435141.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-08-06 01:51 | 生活・vita | Comments(0)
2011 08 05 NESSO
野菜はほぼ自給自足だから菜園、というよりほとんど畑と呼んだほうが良いのだが、そこから、1927年の古銭、10セント硬貨が出てきた。穴のあいたお金は世界で日本の5円玉だけだと思っていたが、イタリアにもあったのか。
d0104210_14153222.jpg
ricoh GX200
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-08-05 14:20 | Comments(0)