コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2011年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
2011 09 18 NESSO しずく
新しいカメラがきたので何でも良いから写真を撮りたいだけで撮ったバルコニーの手摺に垂れ下がったしずく、です。でもこうして見ると、「もう駄目、落ちちゃう」ってのからまだペタッとして「これから本当のしずくになります」っていう感じの若いやつ「私、なんて美しいしずく」っていうナルシストやら、いろいろあって面白いもんだ。
d0104210_1501115.jpg
sigma SD15 50mm F1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-20 01:51 | 生活・vita | Comments(0)
2011 09 18 NESSO 秋 収穫
残暑の日本からイタリアに戻ると、雨の涼しいイタリアが待っていた。畑も終わりに近づき、唐辛子や丹波の黒豆が食卓に姿を見せる。
d0104210_04423.jpg

d0104210_042666.jpg
SD15 50mm F1.4
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-19 00:05 | 食・mangiare | Comments(2)
2011 09 18 NESSO キャノンのファインダーカメラ
d0104210_13233729.jpg
sigma SD15 50mm F1.4
今では誰も使わなくなってしまった言葉「軍艦」、みたいなカタチのキャノンのファインダー式カメラ。カメラの頂部にはシャッタースピードや絞り、ファインダーなどが所狭しと配置され、戦艦の甲板の様相を呈していて、軍艦部と呼ばれていた。50年以上前に親父が買ったものを先日、修理屋さんで調整し直し使えるようにした。使い捨てのこの時代にまだカメラ修理屋さんが静岡の実家のすぐそばにあったのは驚きだ。今でこそキャノンは世界のカメラトップメーカーとして名を馳せているが、このカメラはライカの完璧なコピーだ。1950年台、戦争の記憶も新しく、まだ日本の急激な経済成長の始動期で、今でこそ知的所有権だ、オリジナリティだと騒がれるが、当時はそんな事は微塵も問題にされなかったのだろう。驚いたことは当時、職工の給与が6000円でこのカメラは60000円以上したことだ。今で言えば100万円以上という計算になる。もちろん社会の経済力そのものが当時とは全く違うので、こんな単純な換算は成り立たないのだが。たかがコピーと言えどもこんな高価なカメラを国内で売りアメリカに輸出していた事は、その後の日本の経済発展の前触れだったのだ。それにしても、主力を一眼レフへと乗り換え世界を支配して行ったキャノンやニコン、それに対して頑なにファインダー式カメラを作り続けたドイツのライカ。日本メーカーは高性能カメラを廉価に世界中に普及したけれど、何故か今になっても、カメラの作り出す「写真」はライカを超えられないのは象徴的だ。50年前の模倣ライカ、キャノンのレンジファインダーカメラ、2011年のイタリアで一体どんな写真が撮れるか楽しみだ。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-18 13:24 | 生活・vita | Comments(0)
2011 09 17
OZERO KHAKOMAクラスノヤスク地方
d0104210_11444094.jpg

d0104210_0114177.jpg

高度10000メートル、成田からミラノ行きの飛行機は、何時間もシベリアの真っ白な大地の上を飛び続ける。生き物の気配が全く感じられない、スケール感のないモノトーンの景色は、不思議とどれだけ見続けても飽きることがない。
この湖のカタチを、グーグルで一生懸命探すと、あったあった。この湖は何と発音するか分からないけどKHAKOMA湖と言う。400km西に行くとなんとか人の気配がするこんな所に降り立ってみたいものだ。地図はここからOZERO KHAKOMA
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-18 11:45 | Comments(0)
2011 09 16  東京  残暑
d0104210_11285862.jpg

それにしても暑い東京の10日間だった。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-18 11:30 | 生活・vita | Comments(0)
2011 09 12 東京  中秋の名月
d0104210_13593788.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-13 14:00 | Comments(0)
2011 09 11 荏原町 旗岡八幡宮
d0104210_720136.jpg

d0104210_7191412.jpg

d0104210_7191258.jpg

妙見さんのお祭りというのがあって、そこには小さな樟脳片で前に進むセルロイドで作った船が屋台で売られていた。お浅間さんのお祭りには、池の上に張られた糸に吊られて勢いよく飛ぶメタリックに輝くブリキの飛行機が売っていて、飛行機には丸い木の小さなディスクを撃ちだす銃が付いていた。旗岡八幡宮で偶然、祭りが開かれていた。境内に近づくとまるで半世紀前にタイムスリップしたようだ。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-13 07:20 | Comments(0)
2011 08 30
d0104210_6374927.jpg

背中から、人生の重さがにじみ出てるな。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-06 06:39 | Comments(0)
2011 09 04
d0104210_645649.jpg

無茶苦茶いけ好かない隣の家、に小さなヤギが数ヶ月前から現れる。まあ、犬くらいの大きさしかないが立派に角など生やしていてメエメエメエーーーと寄って来て、主人に似ず、かわいい。
[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-06 06:05 | Comments(0)
2011 09 04 NESSO コンチリアチィオーネ号
雨の日曜日、きっと、今年最後の外輪船コンコルディア号が18:05、村の船着き場にやってくると数人下ろしてコモへと向かって行った。
d0104210_1193331.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2011-09-05 01:20 | Comments(0)