コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2013年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2013 12 31 大晦日
今年最後の日が,去って行く湖。
d0104210_22583537.jpg
d0104210_22581337.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
「面舵一杯」,日本は26日に大きく航路を進めた年だった。来年は絶海の孤島,にならないければ良いのだが。
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-31 22:59 | Comments(0)
2013 12 29 漁師ひとり
29日,今年も残すところあと3日。湖には漁師がただひとり。
d0104210_222179.jpg
NIKON D800 28/300 f4.5
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-30 02:02 | Comments(0)
2013 12 28 暖かい冬
例年,雪になることが多いのに今年は,雨。暖かいクリスマス休暇。
d0104210_3492917.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-28 20:50 | Comments(0)
2013 12 28 大根の葉っぱ
畠で作った大根はもちろん葉っぱまでしっかり食料になる。ピグラ村から吹き下ろし湖面を滑るように吹き抜ける風に,葉っぱを吊るし乾かし塩漬けにする。ああ,美味しい。
d0104210_205991.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-28 16:11 | Comments(0)
2013 12 26 クリスマスの後
あまりに祝祭的なクリスマスの翌日,教会の空気は,澄んで静かでより聖的な空間になる。
d0104210_3113293.jpg
RICOH GR
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-27 03:12 | Comments(2)
2013 12 26 サントステファノ
雨続きの今年のクリスマス、一日明けたサントステファノの今日も雨で、対岸のブリエンノ村にも急遽,滝がお目見えした。
d0104210_21592731.jpg
NIKON D800 28/300 f4.5
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-26 22:01 | Comments(0)
2013 12 25 本物
バロックロココの時代,1600年代の衣装を身にまとったダーマ,貴婦人の描かれた天井板を壁に飾った。どう見ても板は数百年経っているのできっと300年以上前に描かれた絵だろう。けれど、ひょっとしたらナポリの裏町で数年前に描かれた物かもしれない。見れば見る程,本物に見えてくる。
d0104210_0215821.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-25 20:06 | Comments(0)
2013 12 25 BUON NATALE
ナターレ,今日はクリスマスです。
d0104210_0522682.jpg
NIKON D800 28/300 f4.5
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-25 12:00 | Comments(0)
2013 12 24 ヴィジーリアディナターレ
今日はイタリア語ではVIGILIA DI NATALE、ヴィジーリアディナターレ,明日のクリスマス=ナターレを前にして,街は日本の大晦日のような雰囲気だ。頂いたプレゼントは,25日にならないと開けてはいけない。だからこうしてパッケージのまま,飾られる事になる。一体何が送られたのか,あれやこれや想像して楽しむ。美術専門書のあの本屋のシールが貼ってあるから,,。
d0104210_3281194.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-24 16:40 | Comments(0)
2013 12 23 クリスマス前日曜
クリスマス前の日曜日は何故かこんな天気が似合っている。
カントゥンシン,この辺りの方言で「小さな一角」の黄色いドイツ人が買った家は,鎧戸も閉まりこの季節に主がわざわざドイツから休暇にくる訳も無く誰も居ないはずなのに,何故か煙突から煙が出ている。そう言えば,10年程前,ドイツ人が買う前は,「この家にはひとりで老婆が暮らしていた。誰も人の来ない長い冬の間,老婆はただ独り,暖炉の前で,火を眺めて過ごしていたけど,クリスマス前のある日,,,,」何て話を,村の人から聞いた覚えは全く無い。気温が低くなりきっと凍結防止用にボイラーが自動的に点火しただけなのだろう。
d0104210_0575439.jpg

d0104210_4102335.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-23 00:58 | Comments(0)