コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2013年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2013 12 22 塔
恐らく1100年代の石のニッチだと思う。この部屋は1700年代に作られたが,このニッチの壁は厚さが1mもあり,資料によれば中世にはここには塔が建っていたという。トスカナのサンジミニアーノの林立する中世の塔は有名だけれども,ここコモでも中世には,貴族達が競って塔を立てたという。その塔を支えていたのがこのニッチのある壁で,アーチの積み方から見て,1100,1200年代というのが妥当な所だろう。
d0104210_1435310.jpg

こんな強固な元の建築空間を前にして,今の建築家にできることは何だろうかという,難問に立ち向かわなければならないという楽しみがイタリアにはある。ここで僅かにした介入は,天井画の縁となっている繰り型のペンキを剥がして,あまに油で仕上げた事,ニッチとその廻りの石積みの壁の切り取る位置を決める事,壁の仕上げをスツィッコにして,上部を二回塗りのつや消し,下部を三回塗り磨きを掛けた事,そして床のテラコッタを張り直し同じものを他の現場から手配した事。これ以上の介入は折角のオリジナルな空間特性を損なうという判断をしたからだ。いたずらな過去保存は博物館に任せれば良いし,悪戯な介入は,新築の家で実験すれば良い。古いものを残すというのは結局いつもこのせめぎ合いの試合をしているようなものだ。
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-22 13:47 | Comments(2)
2013 12 20 天井 2題
改修工事のためにボードの天井を剥がすとその上には,1700年代と思われる天井画が現れた。普通は漆喰の上に描かれる天井画だが,ここではキャンバス地の上に描かれている。透視画法を駆使したバロック建築的な天蓋が騙し絵の技法で描かれている。今となっては失われてしまったけれども,この天蓋を支えるあのサンピエトロに見られる螺旋のバロック柱も壁の四隅には描かれていたのだろう。天井が作られた当時この建物はおそらく修道院の一室で,ここは人を迎え入れる為の修道院の中で最も「豪華な」な広間だったのだろう。色あせた赤い薔薇が描かれているのは,一体どういうわけだろう。
d0104210_2219395.jpg

二つの交差する丸天井が生み出す陰影は,物質を重さから解放して軽いベールのような印象を与える。
d0104210_237769.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-20 22:20 | Comments(0)
2013 12 19 柴刈り
おじいさんは山に柴かりに,おばあさんは湖に洗濯に行ったわけじゃあなくて,庭の剪定した小枝を奇麗にこうして切って束ねる。ストーブに入れて火をつけると,アッというまに燃えてしまうから,これで暖がとれるわけでもないし,焚き付けに使うのかと思うと,家を暖めるほどの薪があるわけでも無いから焚き付けが必要でもない。やっぱりこれは気持ちがとてもよくなるので精神安定剤みたいなものだろう。都会に居れば唯一精神安定剤は,散財,ということになるが,田舎に居るとこういう精神衛生上良いことが沢山,そのあたりに無料でゴロゴロしている。
d0104210_671981.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-20 06:07 | Comments(0)
2013 12 16 パッサマネリア
四半世紀もイタリアに居るのだから,もうほとんどの専門用語でない「普通の言葉」は知っている,意味ははっきり分からなくとも聞いた事はあるだろうと思っていたけど,PASSAMANERIAパッサマネリアという言葉は,初めて出くわしたような気がする。でも考えてみれば日本語で何と言うのかも知らないのだから,やはり特殊な言葉なのだろうか。
長年,自分でやってみたいと思いながら,何となく上手にやるのは無理そうだからやはり専門家に頼んでいたけど,何でも自分でやってみたい欲望が勝って挑戦したのが,椅子の布張り替えだ。日曜大工の店に行けば,どこでも大ホッチキス打ち込み機が安く売っているのだからきっと多くの人が自分でやるのだろう。布を張るまでは良かったたけど,仕上げのそのホッチキスの頭を隠す「縁飾り」をつける工程が問題だった。こんなものはどこで売っているのか。そこで事務所のスタッフにあの紐みたいの何て言うのと聞いたら「え,知らないの,パッサマネリア」と教えてくれた訳だ。そこでまだ足を踏み入れた事の無かった街の手芸専門店に行き,忘れないようにと念仏のように唱えていた新語「パッサマネリア」の出番となった。それにしても今では余り見なくなってしまった専門店というのは恐ろしい程の品揃えで,どんな色でもタイプでも無いものは無いほど揃っているのが嬉しい。椅子の布の張り替え,やればできるじゃないかと,まずまずの出来に満足。まだ3脚ほどそろそろ張り替えた方が良い椅子が家にあるのを思い出した。これから趣味は何かと聞かれたら,「いや,椅子の布張り替えたりするのが趣味で」なんて答えればカッコええじゃないか。
d0104210_141170.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-17 07:54 | Comments(0)
2013 12 15 NESSO
何を好き好んでこんなところに住んでいるのか知らないけれど,どこかに出掛けると言えば,まずは364段の階段を上って,道まで出なければならない。だから,怠惰な日曜はこの階段を上らずにどこかに出掛けると言えば湖上に出るしか無い。それでも,カヌーを引っ張り出すのも面倒だから結局夕方まで,あれやこれややることを見付けて,ジッと沈没しているけど,日も大分傾きだすと,さあ,出掛けるぞと誰も居ない油のように滑らかな漆黒の湖上にカヌーで滑り出す事になる。
d0104210_1183912.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-16 01:18 | Comments(0)
2013 12 11 爺さんの自転車
「爺さんが乗ってたから大事に乗ってくれよな」といって渡された自転車は、懐かしいブレーキがロッドタイプの自転車で、持ち帰るとすぐ磨いてあげた。一体これで何台自転車を盗まれただろうか。新品を買っても仕方がないと買った中古品は、半世紀も過ぎた美人自転車で、これじゃあまたすぐ盗まれるだろう。
d0104210_22353858.jpg
NIKON D3000 55mm F1.2tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-11 22:39 | Comments(0)
2013 12 09 ウンドゥイア
カラブリア州の特産物ウンドゥイアという、含有量のほとんどが「唐辛子」というサラミ。パンにつけてもパスタにしても何しても美味しくて、ほとんど病気になってしまう。
d0104210_2228429.jpg

NIKON D300 55mmF1.2
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-09 22:31 | Comments(0)
20131209 賞味期限
第二次世界大戦中に,小麦を備蓄したサイロだと言う。そろそろシチリアの写真も賞味期限が切れてしまった。
d0104210_1541010.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-09 15:46 | Comments(0)
2013 11 24  ノヴァーラ
つづら折れの山道を辿って,峠を越えてたどり着いたのはノヴァーラという丘上都市。都市というには余りに控えめなこの街は集落と呼んだ方が相応しいかもしれない。実際,ノヴァーラはi borghi più belle d'italia「イタリアの奇麗な集落たち」のひとつに指定されている。集落とは言え,すでにギリシャ/ローマ時代には,ローマの有名な学者,プリニウスがNOAという名前で記述をしている。丁度,お昼に着いたノヴァーラの街は,猫一匹いないゴーストタウンのような街だったけれども,一軒あったレストランの扉を開けるとそこは人が一杯で,親戚が集うイタリアの典型的な日曜昼食会の空気に満たされていた。満員と言われて,店を出ようとするとここはイタリア。4人連れのグループが席を2つ空けてくれて,ここに来いという。その夫婦の娘が,今ヴェネチアで日本語を学んでいて,来年は半年間研修で渋谷に行くという。
d0104210_7221857.jpg

EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-05 06:55 | Comments(2)
2013 11 24 はるか 海
イオニア海にあるタオルミナから他に誰も居ない道を車で2時間もカーブの続く丘陵地帯を走り,ようやくたどり着いたノバラの街からは,エオリエ諸島が浮かぶティレニア海をはるか彼方に望む。
d0104210_82591.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2013-12-04 08:06 | Comments(0)