コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2014年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2014 01 25 にちよう昼
家から半径2,30kmほどでどこか行く所は無いかと地図を広げると,あったあった.聞いた事も無いけど,何となく奇麗そうだからと出掛けたのは,CASTIGLIONE OLONAカスティリオ−ネ オローナという小さな街.1400年代に枢機卿ブランダが棲み、洗礼堂にマソリーニに描かせたフレスコ画が初期ルネサンスの香りを残している.四半世紀もコモに住んでいてこんな素晴らしいルネサンスフレスコ画がこんな近くにあるのも知らなかったのは,無知のなせる技か.久しぶりの「文化的日曜日」.残念ながら撮影禁止、仕方なく買った絵はがきしかあのマソリーニの信じられない程繊細な筆使いを記憶しておく手だては無い.
d0104210_1392994.jpg

d0104210_1394155.jpg

d0104210_2313236.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-27 01:51 | Comments(0)
2014 01 25 にちよう 朝
d0104210_162527100.jpg

d0104210_1614394.jpg

d0104210_16253795.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-26 16:14 | Comments(0)
2014 01 25 カサ デル ファッショ
d0104210_0314049.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-26 00:32 | Comments(0)
2014 01 24 ノボコムム2
d0104210_21375065.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-25 21:39 | Comments(0)
2014 01 24 ノボコムム
d0104210_29150.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-25 02:12 | Comments(2)
2014年1月24日 風 灯り
午後から強い風が吹いたかと思うと、夕方には寒い外に出るのに気がひけたけど、夕方には空気は澄んで湖畔の建物に灯りが奇麗にともしだした。
d0104210_1572035.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-25 02:00 | Comments(0)
22014 01 24 麦飯
何を覚えているかと言えば,麦飯だ.ちょっと昔はご飯の中に麦が入っていた事があった.米より安いから量増やしのためか、体にいいからなのか、ご飯に麦が混ざっていると嫌で仕方が無かった.その麦がお茶碗の半分も入っているのを見て,とてもじゃないけど食べれないやって思ったのはもう半世紀近く前の自衛隊三沢基地だったと思う.今でもあるのか全く知らないけれど自衛隊に居た従兄弟の父兄会に、青森旅行を兼ねて母親と叔母夫妻に同行した.戦闘機,哨戒機やらヘリコプターやら、「夢の乗り物」に乗り込み操縦桿を握ってみたりして興奮したはずなのにそんなことは全く覚えていなくて,食堂で隊員が食べる茶碗の中が麦飯だらけだったことを、妙に鮮烈に覚えている.パイロットの教官をしていた従兄弟はその数年後,台風から哨戒機を避難させていた九州の鹿屋基地から青森に飛行機を戻す為に飛び立ったまま消息を絶ち,夜中に入った連絡で伯母さんに同行して父親も雨の中を慌ただしく九州に飛んだのを覚えている.コンピュータの写真フォルダーを開いたらこんな写真が出て来た.
d0104210_15334995.jpg

tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-24 15:49 | Comments(0)
2014 01 19 映画館で映画
坊さん像とマチスの本は別に関係ないし、この写真とも全然関係ないけれど,本当に久しぶりに,映画館で映画を見た.家にテレビも無いので映画は最近飛行機の中で見るだけで、雨続きの日曜日にやる事も無いから,重い腰を上げて午後三時からのフランス映画を見に行った.イタリアでもやっぱり映画はハリウッドが人気で,ヨーロッパ映画は所詮ツウの見るマイナー映画だ.案の定,2,30人しか居ないがら空きの映画館は、ほとんど50歳以上のどちらかと言えば左を向いているちょっと、良さそうな暮らしをしている夫婦やおばさん友達だけだった.で,肝心の見た映画は、Alceste à bicyclette 自転車のアルセステ(アルセストはモリエールの書いた「人間嫌い」の主人公,ちなみにイタリア語題は自転車のモリエールと改題されているのはフランス人ほど「知的」でないイタリア人にはアルセストは誰も知らないのでモリエールとしたのでは))という映画で、これぞ正当フランス映画,日本なら「寅さん」って感じだった.がともかくあのフランス映画特有の抑制の聞いた表現の中で、登場人物達の大きな心の揺らぎを上手に描いている.面白かったのは、二人の主人公,二人の男優の間に、介入する装置が「イタリア女」でそれがまた余りに教条的で隣国なのにフランス人はこんな風にイタリア人を類型化しているのかと,感心もしあきれもした.
d0104210_13283513.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-23 13:29 | Comments(0)
2014 01 19 朝の湖
d0104210_15594373.jpg
SIGMA DP-1
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-19 16:00 | Comments(0)
2014 01 09 街
ミラノマルペンサ空港から飛び立った飛行機は,コモの街の少し南を東へと横切って行った.こんなところから滅多に自分の街を見る事は無い.
d0104210_1312615.jpg
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-01-18 13:14 | Comments(0)