コモ湖畔の書斎から dalla finestra lariana

<   2014年 03月 ( 44 )   > この月の画像一覧
2014 03 31 ブルーノ ムナーリ
ペタペタとアヒルが本の上を歩いたみたいな感じがする,というのは何となく良いなと自分満足しているのだけれども,その本のイラストを描いているのがブルーノムナリ.少し子供じみた「感動」を、イラストなどで表現していた20世紀のミラノの美術家で滝口修造や武満徹とも親交が深かったようだ.
ここのところ本当に本を読まなくなてしまった.「字が見えなくなってしまったので」というのは恐らくいい訳で,きっとPCの影響と怠けなのだろう.とは言え本当は本は買うのは好きでも読むのはそんなに好きじゃあ無かったのかもしれない.ともかく読むのが面倒なのだ.久しぶりに買ったのがこの二冊の本で,一冊はコモ湖はBELLANOベッラーノに住む小説家ANDREA VITALIアンドレーアビターリの「湖の見える窓」、もう一冊がGIANNI RODARIの「ファンタジーの本」.前者は地元作家だから、恥をかかないために読んでおこう.そしてファンタジーの本は、一頁にひとつの「お話」なので、飽きっぽい自分にも何とか読めるかもしれない。25年もイタリアに居るのだから、こんな本はスラスラ読めると思ったら大間違いで、知らない単語もしばしばお目見えするし、何を言いたいのか意味が分からない文章とも多々ある。仕事が図面だから、ついつい言葉は面倒で怠けてしまう。さて、そろそろ真面目にイタリア語の勉強をしようか。
d0104210_13525245.jpg

Epson R-D1 Canon Serenar 50mm f1.8
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-31 13:56 | Comments(0)
2014 03 29 解像度
d0104210_7492432.jpg

Epson R-D1 Canon Serenar 50mm f1.8
tumblr
開放でどこまでくっきり写るか見たかっただけの写真.昔シグマで撮った写真とは、随分違うのは、やっぱりカメラに引っ張られてしまうからだろう.
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-30 03:24 | Comments(4)
2014 03 29 おっさん
毎朝、通勤路では、路上果物屋のおっさん二人が、ミカンやらリンゴやら奇麗な果物を奇麗に並べている。
d0104210_17472783.jpg

[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-30 01:15 | Comments(0)
2013 03 28 劇場
d0104210_3425147.jpg

なかはこちら
EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-29 03:44 | Comments(0)
2013 04 28 普通の写真
d0104210_20432343.jpg

EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-28 20:43 | Comments(0)
2014 03 27 あさ
事務所,朝は,もちろんエスプレッソで始まる.
d0104210_342565.jpg

EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-27 20:40 | Comments(2)
2014 03 25 オリーブ
まだイースターには少し早いけれども、オリーブの葉がやってきた。
d0104210_2248502.jpg

EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-26 22:50 | Comments(0)
2014 03 26 権利
磨りガラスを通して柔らかな光のあたったシワクチャの紙袋が、当たる面によってあまりに豊かな表情なのを見て「ただの紙袋だって写真に撮られる権利くらいあるだろう」と言われたような気がした。たかがシワクチャの紙という先入観が「差別」を作り出すのか。
d0104210_151253.jpg

EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-26 20:57 | Comments(0)
2014 03 25 ブルジョワの卓
ちょっと薄暗い典型的なミラノ良家のリビング、小さな卓にはこうして家族の白黒写真と中国か日本の象牙像があり、それをほのかな灯りのテーブルランプが照らしていた。
d0104210_3411350.jpg

EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-26 03:39 | Comments(0)
2014 03 25 ブルジョワ
かつてこの家にはブルジョワの家族が住んでいて、その家族の生活を支えるために7人が働いていた.給仕長,給仕,メード,コック,庭師など.彼らの制服が今でもこうして見る事が出来るのは,ミラノはモーツァルト通りにあるネッキ邸.ブルジョワは今では使われない言葉になってしまったけれど,この家を見ればブルジョワは単なるお金持ちではなく,そのような生活様式をしていたある「階級」であったことに納得させられる.20世紀文化の「ブルジョワ」はもはや消滅してしまった.
d0104210_14522342.jpg

EPSON R-D1 Voigtlander 40mm f1.4
tumblr
[PR]
by kimiyasu-k | 2014-03-25 14:58 | Comments(0)